« 鳥と紙飛行機 | トップページ | 釣りは終わりとした »

カンムリカイツブリ

先日折戸湾の奥で見た「カンムリカイツブリ」がまだいるようなら写真に納めたいなとチャリで出かける。
立ち入り可能な岸壁ではクロダイ狙いの人が多いが竿は曲がらない。Dscf1019


目の前にはクロダイの釣り船が3艘も並んでますが、釣果のほどは不明です。Dscf1018
水鳥がマークしてるので雑魚は釣れているのでしょう。水静かな湾奥にはたくさんの鳥が浮いてます。Dscf1029
目の前の数を数えてみたら50羽を超えてました。離れた場所にカンムリカイツブリらしき姿が見えたのでチャリで移動する。Dscf1022
視野に捕らえた瞬間潜りました。潜水している時間はかなり長くて、15mほども先に浮き上がるのでちょっと手こずったが何とか撮ることができた。S0011002
頭はモヒカンでりりしい顔をしていますね。潜水タイムは「う」よりも長いような感じですが、実際のところはどうだろうか。


|

« 鳥と紙飛行機 | トップページ | 釣りは終わりとした »

ポタリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/64668024

この記事へのトラックバック一覧です: カンムリカイツブリ:

« 鳥と紙飛行機 | トップページ | 釣りは終わりとした »