« 川越バスツアー | トップページ | カワハギはまだ盛期でした »

絶景の安曇野

妻と二人旅です。2日は8:30に家を出てR52を走り増穂ICで高速に乗る。予報では今日明日ともに絶好の日和のようでラッキーです。北アルプスがきれい見えるのでちょっと早かったが梓川SAでお昼休憩にした。S0820278
何度か立ち寄りますがこんなにきれいな常念岳は初めてで見ほれました。

今日の宿は大町温泉だが途中で遊んでいくことにする。安曇野ICで降りて向かうのは「国営アルプス安曇野公園」です。見所は多くて、親切な説明もいろいろと聞いた後は屋外の散策をした。Dscf3957
流行のイルミネイションがあるが残念ながら日中では見られません。しかし広い池に設置された仕掛けから、きれいに水に写るだろうと想像できます。次は大町へ移動して「塩の道ちょうじや」を見学する。元庄屋の建物は築130年という立派なもので、ここでも丁寧な説明を聞くことができました。Dscf3969
併設の「やぶさめ会館」では祭りの衣装や屋台の写真などがあり興味深く見ます。4時を過ぎ宿へ向かうが15分ほどで着きました。Dscf3973
「黒部観光ホテル」の名には似合わないおしゃれな建物です。広い温泉風呂は気持ちよくて心地よい一晩を過ごしました。次の3日も快晴の天気だが、朝は冷え込んで車のガラスは凍ってました。2箇所ほどで買い物をした後は、山の景色を眺めようと展望の良いところへ行くことにします。旧明科町の「長峰山」が良いだろうとナビを頼りに林道を走る。頂上直下のPに止めて3分歩けば山頂だ。Dscf0293
標高は950mくらいのお手ごろコースなのでハイカーが多数居ました。Dscf0291
左には穂高、真ん中に常念、右手には白馬の山並みが連なります。
Dscf0292
絶景かな絶景かな!!!と長い時間眺望を楽しみました。
Dscf0294
写真も撮った後は直下のレストハウスでランチタイムです。Dscf3976
これで980円とはすばらしいですね。ノンアルを飲みながらいただきました。
これで帰路に着きますが、時刻は早いので寄り道しながら帰りました。帰宅は16:45、二日で520kmの行程だった。


|

« 川越バスツアー | トップページ | カワハギはまだ盛期でした »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/64582307

この記事へのトラックバック一覧です: 絶景の安曇野:

« 川越バスツアー | トップページ | カワハギはまだ盛期でした »