« 三保内海でサビキ釣り | トップページ | 朝の2時間を楽しむ »

三保のチャリ視察

たまには足の運動もしなければと、暑さに負けずチャリで三保へ走る。折戸から左方向を見ると日の出埠頭に豪華客船らしき船が見えた。これは見にいくしかない!と塚間の桟橋へ寄り道することにした。Dscf3330
水上バスが有れば乗るのだが、後は夕方にならないと来ません。少しでも良く見ようと浮き桟橋の先端へ行くと良く見えました。双眼鏡で見ると「ダイヤモンド プリンセス」と見えたが、今年2度目の寄港です。

違った道を走ると変な物が見えたのでチャリを停める。Dscf3332
円形のプールに大きなミシシッピー赤耳がめが10尾位いますが、困った事です。初めてメガソーラーのパネルが並んだ場所へ入りこんで見てみます。Dscf3335確かに広大でメガソーラーの名の通りでしたが、将来どうなるのか疑問を感じた。通りに沿った水路を覗いてみると生き物が見える。Dscf3337カニがいてオタマジャクシも沢山見えます。Dscf3339
次は本来の目的だった三保の海岸だ。Dscf3341
内海では相変わらずアサリ掘りが目立ちます。Dscf3342
真崎海岸へ行くと海水浴客も10人くらいはいましたが、見守るライフセーバーは5人もいました。Dscf3343
エギ、ジグを投げる人、籠釣りの人が頑張ってますが20分ほど見ていた限りでは竿が曲がることは無かったです。釣り人にはつらい時期のようだ。

|

« 三保内海でサビキ釣り | トップページ | 朝の2時間を楽しむ »

ポタリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/64069346

この記事へのトラックバック一覧です: 三保のチャリ視察:

« 三保内海でサビキ釣り | トップページ | 朝の2時間を楽しむ »