« 台風五号の波は外れ | トップページ | ターザンは楽しめた »

虫の観察

近所の幼児が夕方になると虫取り網を持参して我が家のチャイムを鳴らす。裏庭で鳴くセミを獲りたいとのことで手伝うのだが、だいたい1~2匹が獲れます。彼とは孫もどきみたいと思いながら大切に付き合ってます。しかしセミはめっきりと少なくなってきて、暑さは凄いが夏の残りは少なくなったと感じます。Dscf0103
今は主役となったアブラゼミで、見える8割はこれだ。

Dscf0102

朝は鳴くが日が昇るとおとなしいクマゼミですが、数はめっきり減りました。水撒きをしていると赤とんぼが目の前でホバリングを始めた。右手の指をそっと立てると人差し指に止まってしばらく動きません。数十秒ほど後に飛び立ったが近くの竿先に止まった。Dscf0101
デジカメを持ってきたが、まだじっとしてます。トンボは棒の先に止まるのが好きのようだが、どうしてなのだろうか。百日草にはきれいな蝶が来て蜜を吸ってます。Dscf0106
虫に疎い僕には蝶の名前は分かりませんでした。それにしても暑い日でした。

|

« 台風五号の波は外れ | トップページ | ターザンは楽しめた »

庭の四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/64031198

この記事へのトラックバック一覧です: 虫の観察:

« 台風五号の波は外れ | トップページ | ターザンは楽しめた »