« JRで新潟へ 8月1日 | トップページ | 早朝の釣り »

8月2日は塩沢の散策

なにしろJR利用の旅なので車とは違って時間に制約が多い。宿を8:30に出て駅までの途中で珍しい物が有ったので寄ってみる。Dscf3269
おろくの像と有るが、天地人で人気の子役が演じた後の小姓というが僕にはわからない。足湯が有り暇人が3人ほど座っているので仲間に加わってお話を聞きたいと思ったが時間が無いのが惜しい。

Dscf3270
魚野川で水運に使われていた川船を復元したというが20人以上乗れるほどに大きい。Dscf3272
イベントが有ると使われているようなので、展示の為だけではないようだ。
駅前通りは朝も早いせいかシャッターが締まっている店が多いが、そのシャッターには色んなものが描かれていて目を楽しませます。Dscf3274
御当地に咲く花の絵が多かったです。六日町駅にはミニ美術館が併設されていて丁度「棟方志功」などの作品が展示中。20分ほどだったが良い物が見られました。8:30上り列車に乗り一つ目の「塩沢駅」にて下車する。Dscf3276
WEBで探したきれいな復元の街並み旧三国街道の「牧之通り」見学が妻の希望ですが、途中に歴史ある(創業享保2年)造り酒屋で「鶴齢」ブランドの青木酒造がありました。Dscf3277
その先に交差するのが目的の「牧之」通りです。Dscf3278
きれいに統一性のある落ち着いた街並みが続きます。冬季の雪避け歩道となる「雁木」も再現されている。Dscf3284
スイカジェラートを食べながら一休みした後は、火曜日は休館と言う「鈴木牧之」記念館へ外観だけでも観てみるか、と立ち寄るが、なんと玄関が開いている。Dscf3300
受付で聞くと(夏休み期間は無休です)と言うが、何処にもそんなガイドは無かったな。ラッキーと思い入場するが、全く知らなかった牧之の偉大さが良く分かる展示でした。彼の著書「北越雪譜」は江戸期のベストセラーになり、来日した外国人も感銘を受けて翻訳に努力したという事を知りました。1Fは彼関係の著作物(作品)が多く、じっくりと見ればきりが無いほどだ。一九や山東京伝などとも親しく交流していた様子だ。きれいな通りの名前にも彼の名が付けられるのを思っても、地元で如何に尊敬されているかがうかがえます。。
Dscf32972Fには当時の風俗や産業の様子も展示されて、こちらは写真撮影OKでした。
Dscf3298


Dscf3299ゆっくりと観たいが時間が不足、11:30発に間に合わせるよう弁当を買い求めて駅へ向かいます。
帰路の乗り換えは水上-高崎-小田原-熱海と来た時と駅は違うが4回は同じで、18:55に清水へ着いた。
JR普通列車の旅は忙しいけど面白い。車と違い不自由ですが、頭も足も使うのでボケ予防には役立つだろう。おまけに足代が非常にお得です。

|

« JRで新潟へ 8月1日 | トップページ | 早朝の釣り »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/64006339

この記事へのトラックバック一覧です: 8月2日は塩沢の散策:

« JRで新潟へ 8月1日 | トップページ | 早朝の釣り »