« 午後はカヤックのサポートだ | トップページ | 沖堤から離岸堤へ »

霧ヶ峰と滝の湯

8~9日は3B1Gの一泊ツアー、今回は比較的近い蓼科の「滝の湯」が目的です。10時に家を出て身延で昼食休憩とする。中部横断道~中央道と乗り継いで諏訪ICで降りてからは山道を霧ヶ峰へ向かう。以前冬の遊びで良く走った道だが、久しぶりの割には何も変わってませんな。「踊り場湿原」で小休止の後は「強清水」のビジターセンターを見学する。P1010286
ニッコウキスゲがわずかに咲いていたが、係の人は「車山の肩」にまとまっているよと教えてくれた。昔はこの辺りに来ると周辺が黄色に染まっていたものだが、鹿の食欲は恐ろしい。

ビーナスラインを北へ向かい、「八島が原湿原」の散策とする。P1010290
シーズン前なのか人は少なくてゆったりと木道を歩きました。P1010287
花は色々と咲いてます。P1010288
P1010289
湿原一周は無理なので30分くらい歩いて休憩後に戻ります。小鳥の声が聞こえ遠くに姿も見えるが、知識不足で特定はできません。次はビーナスラインを白樺湖方面へ走り、「肩の小屋」で車を止める。車を降りると目の前の斜面が黄色に染まってます。遊歩道を登ると電気柵で囲まれた広い範囲のニッコウキスゲが復活していました。P7080315
あまり期待していなかったので、きれいな咲きっぷりを見られて嬉しかった。P7080314
環境に配慮した「バイオトイレ」も設置されています。この後は白樺湖を経由して蓼科の温泉宿に向かいました。
4時ごろに着いたが駐車する車の多さには驚きだ。観光不況なんてのには無関係の宿のようです。川を挟んで建物が有るので渡り廊下から見える風景が素晴らしい。P7080320
風呂良し、食事良しで皆大満足な一晩を過ごしました。9日は朝から雨なので自然の観光は車から眺めるだけにする。R299を走って小海へ抜け野辺山の「びっくり市」で桃などの買い物をし、少し先のシアターではプラネタリウム見学の後昼食を済ませる。時刻も早かったので高速を使わず下道だけで帰りました。


|

« 午後はカヤックのサポートだ | トップページ | 沖堤から離岸堤へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/63899860

この記事へのトラックバック一覧です: 霧ヶ峰と滝の湯:

« 午後はカヤックのサポートだ | トップページ | 沖堤から離岸堤へ »