« 釣れない?日でした | トップページ | 帆船「日本丸」がきた »

ヤマガラの子育て

午後は庭の手入れをしながらヤマガラの観察をする。S0318036
芋虫を咥えて来た時にはピーピーと軽く鳴くので、すぐにカメラを手に取り巣箱に向ける。いきなり飛び込むのでお尻しか写りません。

そのままで10秒くらい待っていると顔を出すので連写する。S0328039
白い糞を咥えて何処かに飛んで行ったが、糞を巣の近くに捨てないのはヘビなどに巣箱を気付かれないためと言われてます。とにかく絶えず虫探しに行くのでヤマガラは痩せてきたようで、初めは窮屈そうだった巣穴に楽々と入って行きます。
S0278032
着生のデンドロビュームが見事に咲き揃った。鉢植えの管理が出来なくなっての苦肉の策が功を奏したのだが、怪我の功名と言えるでしょう。冬越し対策もしてないのに大丈夫なのは、地球温暖化の影響もあるのだろう。S0268031
数年前に妻が貰って来た一枝の挿し木が成長して深紅のバラも毎年咲きます。

|

« 釣れない?日でした | トップページ | 帆船「日本丸」がきた »

庭の四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/63559308

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマガラの子育て:

« 釣れない?日でした | トップページ | 帆船「日本丸」がきた »