« 明野のひまわり | トップページ | 三保は人気復活か? »

ソーダガツオが出た

日が高くなると暑いし、アジも渋くなったりで釣りの意欲が薄れていたが、今朝は目覚めが良くてやっぱり釣りに行こうと思いなおした。Dscf0025
5時前の真崎海岸は富士山が見えてます。

Dscf0027
ちょっと沖へ出るとイワシの波紋があちらこちらに見えますが、それを追う魚はいないようだ。Dscf0028
先客は手漕ぎゴムボが一人だけで、様子を聞くとたまにアジが釣れるとのこと。しかし彼はコマセ釣りなのであまり参考にはならない。Dscf0029
魚探の反応でサビキを落とすとウルメイワシがゾロゾロと釣れた。しかしこれでは面白くないのでカマスの釣れるスポットを見つけて20cm前後のカマスを土産にすることにした。しばらくすると沖に見えていた小さな鳥山が近づいてきます。Dscf0031
フィッシュイーターに狙われているようで直径2m足らずの範囲だが、イワシがバシャバシャと逃げ惑う。これはチャンスとスピニング仕掛けで準備していたジグを投げます。慣れない竿だったので2回は狙いがそれて空振りだが、3回目にナブラの真ん中を通すとギューンとの当たりで大きく合わせるがスポット抜けて軽くなる。フロロ4号のリーダーが切れるなんてと思いながら良く見るとPEとの接続部が抜けていた。チェックもせずに使い続ける僕のイージーミスでした。しかしナブラは続いてるので道糸直結でジグを結び再度投げると、いきなりギューンと凄い引きだ。何だろうと楽しみにしながら寄せて見ればソーダガツオでちょっとガッカリ。Dscf0032
それでも35cmくらい有るので、血抜きして持ち帰ることにする。再度投げると再び同じサイズが釣れたが、以後はナブラも消えてしまった。イワシを針に着けて底まで降ろし朝食休憩としたが、その置き竿にカサゴ続いてエソが掛かる。Dscf0033
今日はイワシのすり身を作るつもりなのでエソも持ち帰りだ。Dscf0037
8時半ごろ由比港からの釣り船がお客を乗せてきましたが、船頭の指示は6m、7mなどと聞こえます。移動を繰り返すので芳しくないのだろうが、これでは高い料金を払ったお客は気の毒だな。ほどほどの釣果は有るしこの後は地獄の暑さになるので9時には上がりました。成績は最近では良い方でカマス21尾、ソーダガツオ2尾、ウルメイワシ40尾位、イサキ2尾、アジ1尾でした。Dscf0040
まずは4種の刺身盛りを作り冷蔵庫へ。カマスは干物、フライ用、塩焼き用にも始末した。残るイワシなどはすり身にして冷凍保存です。Dscf0043
ソーダガツオとカマスの干物を製造中のネットです。
最後に耳より情報を!Dscf0039
これはアルミ缶で作ったオトリですがかなりの効果は有るようだ。上は噛みついて曲げられ下は一部が食いちぎられています。錘代わりのジグには食いつかなくても、アルミオトリに食いつくのは動きが良いのだろうと思います。
今期初めてのナブラ打ちで強い引きを2回も楽しんだのでとても良い日でした。

|

« 明野のひまわり | トップページ | 三保は人気復活か? »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/62036692

この記事へのトラックバック一覧です: ソーダガツオが出た:

« 明野のひまわり | トップページ | 三保は人気復活か? »