« 小物は盛期入り | トップページ | カヤック体験をサポート »

海街 ダイアリー

カンヌ映画祭では賞を取れなかったが、主演の一人が清水区出身の「広瀬すず」でもあるので妻と観にいきました。ちょっと複雑な事情のある4人姉妹の日常が淡々と映されるだけで、何の盛り上がりも無いのですが退屈せずに終わりまで観ました。しっかり者の長女、遊び人の次女、のんきな三女に途中から加わるのが腹違いの四女と、それぞれ個性ある姉妹の情景がしっとりと映されいるのが良かったと思います。様々な人間関係が有ってもどれも否定しないのが素晴らしいと思いました。若い「すず」ちゃんの演技も自然で良かった。

|

« 小物は盛期入り | トップページ | カヤック体験をサポート »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/61756619

この記事へのトラックバック一覧です: 海街 ダイアリー:

« 小物は盛期入り | トップページ | カヤック体験をサポート »