« 奇跡の大鯛をゲット | トップページ | 小物が豊漁 »

妙高高原の旅

7~8日は義弟夫婦と4人で一泊二日ののんびり旅に行ってきました。今回は車の運転は無しで後席で道案内をすれば良いので気楽です。
長野道を小布施スマートインターで下りて先ずは北斎館を見ることにしました。以前見た時よりも広くなり展示も工夫されて北斎の偉大さを認識出来ました。見学後はお昼でもと思ったのだが、店は混んでいて待つようなので止める。R18を走り牟礼の変わったお店に入り蕎麦を食べるが、とても美味しい蕎麦で満足した。道の駅信濃で一休みした後は妙高の名所「イモリ池」まで走ります。池の周回歩道を歩けば陽気は穏やかで自然に癒されます。Imgp9299
池越しに見える妙高山は素晴らしい眺めだ。以前2度ほど来ているが山が見えるのは初めてで嬉しくなりました。


Imgp9305
池を回った後はビジターセンター内を見学する。学芸員が丁寧な説明をしてくれたのでじっくりと勉強出来ました。次は宿の前を通過して岡倉天心ゆかりの六角堂を見に行く。Imgp9306
周辺にはレンガツツジと空木の花が数多く咲ききれいです。
説明をじっくりと読んだら彼の業績が良く分かりました。赤倉温泉の宿はバスの団体で賑わっていたが、風呂もゆっくりと入れたし食事も落ち着いて摂れました。Imgp9308
格安クーポンでの宿泊なのに豪華な夕食が並んで酒もすすみます。
8日は笹ヶ峰のハイキングを予定しているので宿を8:40と早めのチェックアウト。ほぼ12kmの山道を走り乙見湖の休憩小屋Pに車を止める。Imgp9316
9時半スタートするがまずはダムの上を歩き対岸へ移動する。ダムは放水中でゲートを上からのぞくと吸いこまれそうな迫力でした。P6081054
湖の向こうには残雪の山が見えて、見事な風景です。P6081057


夢見平遊歩道はアップダウンの少ない歩きやすい道です。初めはブナが続きますがやがて混合林に変わります。水路には咲き終わったミズバショウが無数に生えていて、たまには花も見られます。(後で聞いたところでは5月の連休過ぎのミズバショウは目を見張るほどにきれいとのことで、いずれはその時期に来ようと思いました)それ以外にもカタクリ、サンカヨウ、アズマイチゲ等などの花が見られます。P6081074
此処が「夢見平」ですが、確かに夢見るような景色と思えます。P6081079
白樺通りなども通過して2時間コースを制覇しました。広場には「夢見平を守る会」の会長さんがいてタケノコ汁を作っています。一杯300円ですが根曲がり竹は柔らかでも歯ごたえを感じて美味しかった。色々お話を聞いた後は車で少しだけ移動して牧場の真ん中に有るレストラン「グリーンハウス」で昼ごはんです。メニューは豊富で僕はカレーラーメン妻はビーフカレー、義弟たちは天丼を頼んだが皆美味しかったよ。牧場にはランニングコースもあり学生達が懸命に走っています。来る時にも猿に会ったが、帰りには木の上で毛ずくろいする猿がいたので車を停めてしばし眺めていました。Imgp9321_2
ここの猿たちはあまり人間には関心が無いようだ。これにて今回の旅も終わりで、帰路は妙高高原ICから高速道に乗り清水を目指して走りました。

|

« 奇跡の大鯛をゲット | トップページ | 小物が豊漁 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/61717946

この記事へのトラックバック一覧です: 妙高高原の旅:

« 奇跡の大鯛をゲット | トップページ | 小物が豊漁 »