« さくらんぼの数は | トップページ | デンドロビュームが満開だ! »

黒姫から戸隠へ

9日の朝3BAー、1Giーの4人旅は9日の8:30出発で始まった。R52~中央道~長野道を走り12時過ぎに「小布施ハイウェイオアシス」にて昼食とする。Imgp9080土曜日なのでレストランは混雑していたが、待つことも無く食事はできました。

長野道を「信濃町IC」で下りてから道の駅で休憩した後は黒姫高原へ向かう。Imgp9081
小雨も降りだしたあいにくの天気だが屋内見学なので問題なしです。Imgp9085
「黒姫童話館」は子供向けかと思いながら見学したが大人も楽しめる内容で、時間が許せば半日くらいは滞在したいと思いました。次は信濃町へ戻り「一茶記念館」を見学したが、此処も興味深い展示がされて楽しめました。Imgp9087


宿への時間も気になるので4:15には退出して戸隠への山道を走ります。戸隠へ近づくとあちらこちらに水芭蕉の群落が見えて3BAーは大騒ぎでした。5時前には宿へ着きおかみさんが出迎えてくれました。たまたま知り合い6人組も同宿となり10人が並んでの賑やかな夕食となります。Imgp9088
地産食材の和食は高齢者にとってはごちそうです。ご主人の打つ蕎麦は絶品でした。
夜は早く寝て早朝4時に起き妻と二人で植物園に鳥を探しに行きました。色んな鳴き声が聞こえますが素人の二人には種類は分かりません。木のてっぺんで無く鳥がいますが、近くのベテランに聞くと「クロツグミ」と教えてくれました。30分ほど木道を歩きましたが鳥の声は何種も聞き姿も少しは見ることが出来て満足。しかしあまりの寒さが身にしみて早々に宿へ戻ります。しかし朝食には間が有るのですぐ近くの「中社」へお参りすることにしました。Imgp9101
驚いたことに朝の6時半というのに人がゾロゾロと本堂に上がって行きます。「式年大祭」期間中で信者の団体が訪れている様子でした。Imgp9110
境内にはヤグラが組まれていて祭時の夜にはたいまつとなり燃え上がるとのことでした。朝から好天ですが寒さは厳しく残雪がここかしこに見られます。そんな中9時に宿を出て今回の主目的であるカタクリの群生地へ行きました。S0525055
カタクリと水芭蕉が同時に見られるなんて非常に珍しいですよ。S0315034
カタクリ園の後は森林公園の遊歩道を歩きます。鳥見人の人気スポットなのでバズーカ砲のようなカメラを担いだ人が多いです。

S0635066
水芭蕉が小ぶりなのは水がきれいな証拠で、流れにはイワナの姿も見えました。

S0675070
戸隠連峰もくっきりと姿が見えています。1時間余り歩いてスタート地点に戻り帰路につくことにしますが、長野市内は混雑するので小川村を縦断する山道を使います。Imgp9132
過去2回ほど通り気になっていた3重の塔があるお寺に寄り道しました。高山寺で貫録の有る三重塔は長野県最古の塔で県宝に指定されています。見学して帰ろうとしたら住職?らしき人が鐘を突いていったらどうかね!と言われたので引き返します。Imgp9137
好奇心旺盛な妻と僕はそれぞれ2回づつ鐘を鳴らして気分が高揚しました。
この後も山道を走り北アルプスの絶景を眺めたり、地産の店で蕎麦をたべたり、土産に特産の味噌、豆腐を買い求めて大町経由で帰りました。帰宅は5:45色んな事を経験して楽しい旅でした。


|

« さくらんぼの数は | トップページ | デンドロビュームが満開だ! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/61574914

この記事へのトラックバック一覧です: 黒姫から戸隠へ:

« さくらんぼの数は | トップページ | デンドロビュームが満開だ! »