« 三保の風景 | トップページ | 赤ナマコを拾った »

興津川の河口調査

キス釣りシーズンも近くなったので興津川からカヤックを出せるか確認しようとチャリで出かける。距離は12kmあまりで55分かかりました。Imgp8849
R1の橋から眺めると水路は右岸寄りを流れていて昨年秋と変わりないのが分かる。

次は以前カヤックを浮かべた場所まで歩いて行ってみる。Imgp8850
昨年春まではすぐ傍から浮く事が出来たのだが今の流れは20mほど先に見えます。Imgp8851
釣りするにはこんな場所を運ばないと流れに浮かべません。それでも頑張れば出来ないことは無いだろうと確認出来ました。河原は荒れて大石がゴロゴロしてるので、一番困るのはここでのBBQ愛好家達でしょう。
チャリで走ったおかげで良い発見がありました。昨年火災で消えたと思った「興津の鯛焼き」が場所を変えて始めていたのです。土産にしようと入りましたが、1月末ごろに営業再開したとのことでした。価格は以前と変わらぬ
一つ100円とは良心的です。

|

« 三保の風景 | トップページ | 赤ナマコを拾った »

ポタリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/61290608

この記事へのトラックバック一覧です: 興津川の河口調査:

« 三保の風景 | トップページ | 赤ナマコを拾った »