« メジロの受粉 | トップページ | 新種撮影 »

安曇野四人旅

妻の弟夫婦と4人で一泊二日の旅をしてきました。22日は妻に所用が有ったので家を出たのは9時過ぎとゆっくりでした。お昼過ぎに松本市のPに車を停めて観光することにするが、先ずは腹ごしらえと目に付いた10割蕎麦の看板がかかる店に入る。Imgp8773
奈川村の郷土料理「とうじ蕎麦」を注文するが、初めて食べる弟夫婦は珍しくて美味い!と喜んでいました。

松本城には外国人観光客も目立ち、忍者姿のスタッフと太鼓をたたいている人もいます。Imgp8778パートナーが夢中でカメラを構えてますが楽しそうです。城に入るのは何年ぶりか?階段が急との印象が有りましたが、その通りで記憶は正しかった。Imgp8782
明治維新で解体されそうになったこの城を、保存運動をして守った立派な人の話には感銘を受けました。次は隣接の市立博物館へ入って見ます。Imgp8786
昔から民芸品の盛んな土地なので珍しい展示物が沢山あり、興味深く見てきました。博物館の次は街中散策をします。Imgp8789
歩行者天国のこの通りにはカエルにちなむ物が沢山有りました。すぐ脇を流れる川に昔はカジカガエルが多くいたとのことで、町のシンボルにしたようです。手まりは今も作られてお土産に沢山並んでいます。Imgp8793
巨大な手まりのオブジェが見えたので近くに行くと、なんと時計になってました。Imgp8803
市内見学の後は安曇野市の宿へ向かいます。途中の道の駅「堀金」で小休止した後は宿へ一直線だが、予想したより山の中でかなりのくねくね道を走りました。しかし路面の雪は消えているのでスイスイと走り4時ごろにはチェックイン。
客室数が190もある巨大なリゾートホテルでしたが、温泉も良くて食事も良質でした。Imgp8796
4人で良く飲み良く語り楽しい時を過ごしながら過ごしましたが、翌朝はすっきりと目覚めました。朝食はバイキングスタイルですが、メンバー皆満足できる品が並んでいます。食事後はちょっと足を延ばして「大王わさび農園」へ行ってみました。Imgp8800
黒澤明監督の映画が撮られた水車小屋はしっかりと保存されています。此処は川下りの途中で何度か上陸したことが有りますが、陸上から観光に来たのは初めてだ。Imgp8801広大なワサビ田で作業をする人も大勢います。静岡はワサビの本家だが、ここまで規模が違うと勝負にはなりそうも有りません。今回の宿は3食付きなので、わさび園を見学後は再び宿へ戻っておしゃれでおいしいランチをいただいてから帰路に着きました。

|

« メジロの受粉 | トップページ | 新種撮影 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/61188984

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野四人旅:

« メジロの受粉 | トップページ | 新種撮影 »