« イソヒヨドリの鳴き声 | トップページ | カマスが面白い »

故宮博物院「神品至宝」展

先週に続いて美術鑑賞に行きました。青春18切符なので交通費が安上がりなので助かります。清水駅発7:57の列車に乗り乗り換え一回で東京へ、もう一度乗り換えて上野には11時過ぎに着いた。構内のそば屋で腹ごしらえをしてから東京国立博物館まで歩きます。Imgp7834
大枚1600円でチケットを買い入場するが、かなりの人が見えて人気がうかがえます。

展示品は紀元前から清の時代までの色々な品の数々です。目玉とも言える「玉の白菜」は既に期間終了で見られなかったので、代わりにパロディー見たいなお土産を撮りました。Imgp7835書はあまり興味が無いのでスイスイと見物し、細工ものや陶磁器、絵などをじっくりと見ました。見終わると2時間以上も経っていましたが、目がかなり疲れました。他も見ようかなとも思ってたのですが、まっすぐに帰ることにします。Imgp7836
上野公園の一角には「野口英世」の像が立ってますが、今いればアフリカでエボラ出血熱の研究でもしてるだろうと妻と話す。列車の乗り継ぎがとても上手く行き、東京発14:32の快速に乗ったら、清水には17:20頃着き余裕の帰宅だった。以前のような通過列車を待つ停止が無いので各駅停車でもかなりの時短になってるようだ。


|

« イソヒヨドリの鳴き声 | トップページ | カマスが面白い »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/60227709

この記事へのトラックバック一覧です: 故宮博物院「神品至宝」展:

« イソヒヨドリの鳴き声 | トップページ | カマスが面白い »