« アジの記録更新 | トップページ | 蝉が元気だ »

再び小魚専科?

30日はシイラの引きを楽しみに5:30には浮かんだが、どこを見てもシイラの跳ねは見えません。Imgp7717
富士山はうっすらだが全体が見えてますが、1時間もすると霞が濃くなり消えました。

離岸堤の西側にはイワシ、サバッ子が群れていてサビキを落とせば掛かるが、それらを追うフィッシュイーターはいない様子だ。シイラも消えたようだし大サバでも狙おうと堤防の東を30分ほど探って見るが反応は無い。仕方なく堤防回りの小魚でも釣ろうと、魚探を眺めながらカマス、小アジなどを拾い釣りする。Imgp7722
雑魚を投げればすかさずカモメが飛んできます。Imgp7724
時々白ムツっ子が掛かるが、アルミオトリのアシストフックを咥えていたのには驚きだ。小さくても獰猛な習性なのだと知りました。今日はカヤック釣り師は他には一人だけ(平日なので当たり前か)でした。Imgp7719
この方はアンカーを降ろしてのコマセ釣りですが、カンパチを上げて嬉しそうです。沖堤には一艘の船が動かず釣りをしているので、きっと釣れているに違いないと久しぶりに行ってみます。Imgp7725
赤灯台まで2/3ほど漕いだところでトローリング中の竿が強烈に絞り込まれたので手を伸ばしたが結局魚は掛からない。そこで仕掛けを上げ下げして誘うと今度はかかりました。大サバか?と思ったが見えた魚はシイラです。Imgp7726
シイラの飛びが見えなかったが、今日のシイラは水面では無くて少し深みにいるようだ。僕が着いたころには釣り船は移動したので様子も聞けない。ここでも漁探頼りに拾い釣りだが、カマス、白ムツ等が釣れるくらいでたまのアジも小さい。引きが強かったのはシイラの1尾だけだったが、十分に楽しんだので10時には陸に上がった。Imgp7727
小魚が40尾位有るようで。アジとイワシは刺身で食べ残りは開いて干物にします。Imgp7728
31日の朝、一夜干しが美味しそうに仕上がりました。

|

« アジの記録更新 | トップページ | 蝉が元気だ »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/60073346

この記事へのトラックバック一覧です: 再び小魚専科?:

« アジの記録更新 | トップページ | 蝉が元気だ »