« トランセンデンス | トップページ | 小学4年のカヤック体験 »

良型の小物あり

12日は早起き(目が覚めちゃうので)したので真崎海岸で釣り支度を終えたのは5時15分です。Imgp7389
ほぼ停止状態の釣り船は魚が釣れている証と、そこへ漕いで行きました。

Imgp7390
初の仕掛け投下でブルブルという当たり、小ぶりですがアジが釣れ後もポツポツと続きます。Imgp7404
本日の大型賞は同時に掛かりましたが、おかしな引き具合と重量感で上がるまで何が釣れるかとドキドキでした。


しかし思ったよりも海はきれいで期待した濁りはうすく魚影の割には魚の食い付きが悪い。Imgp7392
離岸堤の上にはクロダイ?狙いの釣り人が二人、保安庁の巡視前に釣り上げてね!と応援します。Imgp7398
タチウオ狙いから転戦してきたらしきミニボートが集結しました。この中の一人はやがてかなり大きなヒラメを釣り上げたのでビックリだ。こんなのを見ると、僕も博打の大型狙いをやろうかなと思ったりします。8時過ぎ遠くで大サバ狙いらしき小舟が見えるので様子を聞こうと行ってみますが、途中で漁探にはほとんど反応が有りません。船は二人乗りのゴムボでアンカーで固定してのコマセ釣りですが、大サバは待っていれば回ってくるよと教えてくれました。待ちの釣りが苦手な僕はジグサビキを垂らしてゆっくりとパドリングしながら魚影を探す。20分ほどやって見たがまるでダメそうなので帰ることにしました。離岸艇の西へ回ると今時珍しい、手漕ぎゴムボの釣り師がいます。Imgp7408
ポツポツ釣れると聞いて海を見るとかなりの濁りが残っている。これなら喰いそうだと魚影を探してはサビキを落とすと直ぐに当たりで、アジ、ムツなどが釣れます。型は小さいがお惣菜釣り師としては見逃せません。いつまでも釣れるが釣り過ぎると始末が大変と10時過ぎに切り上げました。
午前中に釣り具類を片付けて午後は調理師に変身しました。Imgp7410
型の良いアジは何時ものように刺身です。Imgp7411沢山あるチビムツですが中でも大きめなのは4尾分けて煮魚用にする。残りの大きめなのは「骨まで柔らか煮」。Imgp7414
チビは頭を落としてフープロで上質なすり身に変身しました。Imgp7412


沢山有ったアジっ子はフライ用に捌いてご近所の大家族におすそ分け。豆アジは南蛮漬けように下処理して全てが完了した。捌き終えるのに2時間以上かかりましたが、これも釣りの中と思えば苦になることは有りません。何しろ妻は魚を捌けないしそんな時間も持ってないから、僕がやらなけりゃ釣った魚が無駄になります。楽しい遊びの結果として数回分のお惣菜になるのだから、趣味と実益のカヤックフィッシングは止められません。

|

« トランセンデンス | トップページ | 小学4年のカヤック体験 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/59976611

この記事へのトラックバック一覧です: 良型の小物あり:

« トランセンデンス | トップページ | 小学4年のカヤック体験 »