« 林業映画が良かった | トップページ | 焼き牡蠣パーティー »

クエのちアオサギとトビ

今日は早出で釣りに行く。しかし真崎海岸に着くと釣り船の姿は無く、釣れないのか?と心配になった。先日アジが釣れた沖堤へ向かうことにしたがほぼ無風で波は無く、のんびり漕いでも10分余りで着いた。Imgp6787


6時、釣りのスタートは僕にしては早い。水深15~20m位に反応が見えるのでサビキを落とすとアジがポツリポツリと釣れる。雑魚を投げているといつの間にかアオサギとトビが現れて堤防上で待っているようになった。Imgp6793_2

アオサギは近いテトラポットの上。Imgp6796
トビは灯台の高いところだ。釣り初めて30分、ピクピクとの当たりで雑魚と分かるが面倒なのでそのまま放置する。数秒後グイグイーと竿先を引き込む当たりが有り急いで合わせたが重~い。慎重に巻き上げると引きは弱くなり手ごたえは重いだけに変わった。Imgp6789
今期初めてタモで取り込んだのは30cmを越えるハタだが、初めて見る模様です。これを釣ったらもうアジはどうでもよくなったが、時刻が早いので鳥と遊びながら釣りを続けます。Imgp6794
トビの反応は早くてスロモーなアオサギは一歩も二歩も遅れます。Imgp6801
アオサギのゆったりした動きはとても優雅で見ていて楽しくなる。Imgp6804
Imgp6790
チビカサゴは鳥に見つからないように海へ返した。8時半300mほど離れた離岸堤へ戻るが、途中で先ほどのアオサギが頭の上を飛んでいく。Imgp6808
何と先回りして待ってましたが、可愛いやつで気に入りました。ここではサバッコが釣れるので数匹をアオサギにやってから竿を納める。アジは何尾釣ったのか分からなかったがクーラーボックスをのぞくと賑やかだ。Imgp6818
アジは14~23cmが26尾と好漁。ハタはWEB図鑑で調べると幻の魚と呼ばれるクエだったので、34cmでは幼魚の部類になり気の毒な事をしたと思いました。Imgp6820


刺身にしたが大皿にたっぷりとある。アジと比べながら美味しく頂きました。

|

« 林業映画が良かった | トップページ | 焼き牡蠣パーティー »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/59655883

この記事へのトラックバック一覧です: クエのちアオサギとトビ:

« 林業映画が良かった | トップページ | 焼き牡蠣パーティー »