« 雪は空振り | トップページ | 残雪多し »

ラッシュ プライドと友情

映写が始まっていきなり驚いたのは1976年の物語ということ。そんなに古い話とは思いもしませんでした。ニキ・ラウダ、ジェームス・ハント以外にも懐かしのF1レーサーの名前もでるので興味深くみてました。当時話題を呼んだタイレルの6輪マシンは懐かしかった。ラウダがクラッシュしたが脱出が遅れて大火傷、皮膚移植で顔が変わってしまったのに短期間で復活して成績も残した。というのは知っていたが性格が正反対のトップレーサー二人に隠れた物語が有ったのは初めて知りました。レースでのバトルや事故のシーンは手に汗握る出来栄えで、特に最終戦となる豪雨の富士スピードウェイの日本GPは凄かった。当時は毎年事故で二人位のレーサーが亡くなっていたというが、今のF1マシンに比べると随分と危険なマシンを走らせていたものです。

午前中は紙飛行機の格納庫を作りました。昨日から続きの作業なので完成までに1日半掛かったがほぼ満足です。P2100005
ホームセンターと100均で材料を仕入れ無い知恵を絞りながらのお仕事でした。先輩方には20機も入るような大きな箱を持ってる人もいますが、僕のは12機と調整用の道具が入るだけですがこれで十分です。

|

« 雪は空振り | トップページ | 残雪多し »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/59107227

この記事へのトラックバック一覧です: ラッシュ プライドと友情:

« 雪は空振り | トップページ | 残雪多し »