« 早春の味 | トップページ | 高峰温泉の旅 Ⅱ »

高峰温泉の旅 Ⅰ

高齢者が4人で雪見遠足?に行きました。8時に家を出てR52を北上するが平日はトラックが多いのでスイスイとは走れません。それでも12時前には小諸市へ着き、浅間山が大きく見えるようになりました。1

さらに走ること15分で「道の駅 みまき」に着き此処で昼食にします。2
かなり新しい建物で入浴施設も有るのでのぞいて見ると、入館料500円とは安い!眺めは良いし近ければ改めて来たいところでした。ゆっくりと食事を済ませてからは高峰高原への山道を走りますが、道の雪はほとんど消えてるので走るのは楽でした。それでも車坂峠を越えると路面は硬い雪となりますが無理な運転をしなければ問題は無しで無事駐車場に着きました。お迎えの雪上車が来るまでは30分ほど有るので、スキー場の売店でビールを求めてほっと一息です。3
定刻の14時30分に車は来て11人を乗せて宿へ向かいます。4
異常な気温上昇でゲレンデに滑る人を見つけるのは大変な位です。雪上車はゲレンデを避けるように走り20分ほどで宿の玄関前に着きました。5
一休みしてから高齢4人組は雪道の散策に出かけます。6
二人は雪上車も雪道散歩も初体験で、びくびくしながらも大喜びでした。7
霧が深くて遠景は見えなかったが周辺の雪景色を楽しんで1時間ほどで宿へ戻ります。8
設備もスタッフも高原の宿!!を感じるのが普通の宿とは違います。109

スノーシューが沢山あり宿泊の客は無料で貸してもらえるし、希望者には午前中2時間ほどのガイドもしてくれます。温泉は良いし食事も和風で僕たち4人には気にいりました。酒をちょっとだけ飲み過ぎて早寝したので今日はこれまでとします。(夕食後に大旦那のお話を聞く会が有ったのだが残念)

|

« 早春の味 | トップページ | 高峰温泉の旅 Ⅱ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/59076464

この記事へのトラックバック一覧です: 高峰温泉の旅 Ⅰ:

« 早春の味 | トップページ | 高峰温泉の旅 Ⅱ »