« 木工作は巣箱と踏み台 | トップページ | 三保の往復 »

早起きのタチウオ釣り

一念発起してボーズ覚悟でタチウオ釣りに行くこととした。Imgp4624
暗いので支度に手間取りましたが、4時35分岸を離れます。

途中に魚の反応が有るのでソフトルアーを引きながら進めますが何の兆しも有りません。Imgp4625
沖合に釣り船の灯りが見えるのでそちらへ向かって漕ぎました。水深25mくらいの中層に反応が有るのでルアーを落としては巻き落としては巻き上げを繰り返すと、5時前に突然竿が引き込まれる。思い切り合わせて巻き上げると懐かしいタチウオの引き込みだ。やったー!!これでボーズ無しと空中にぶら下げて手で掴もうとするが、噛まれるのが嫌でもたついていたら大暴れして針が外れ海へサヨナラだ。くやし~!と思うが後の祭り、次はタモを使おうと決めました。10分後今度はサミングしながら落としている時に微妙に軽くなり、ひょっとしたらと合わせると重い。今度はタモに取り込んでから針を外しました。Imgp4632
F3.5位のまあまあサイズです。その後は全く当たりなしで時間ばかりが過ぎていく。Imgp4626


Imgp4627


周辺には20艇を越える釣り船がいますが、調子良く釣れている船は見当たりません。2人ほどに聞きましたが1尾と2尾とのことでした。Imgp4628
日の出は5時半すぎ頃ですが、手前には2艇の足漕ぎカヤックが見えます。カヤックが珍しいので近くへ寄ってうかがうと、重量は60kg位とのことで驚きました。7時諦めて岸へ戻ります。Imgp4631
帰りに沖を見るとまだ諦めきれないミニボートが5艇ほど釣りをしていましたが釣れるといいですね。

|

« 木工作は巣箱と踏み台 | トップページ | 三保の往復 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

昨日 海洋の交差点を曲がるのを見かけましたよ。手を振ったんですが・・

太刀魚は釣れるときと釣れない時と差がありますね。時合いもそう長くありませんね。
日が昇るとまず食いませんね(水深が浅い)
長時間ワンパターンで攻めるのはつらいですね。

投稿: tencho | 2013年9月 7日 (土) 14時56分

こんにちは。土曜日は私もタチ、狙ってました。諦めきれないミニボート(笑)の一人でした。ボートエースの230です。
あの日は遊漁船が帰るまではポツポツアタりましたが、明るくなってからは厳しかったですね。私は結局、ジグにてタチ5匹、バラシ少々。でした。
去年は今頃くらいからタチ祭りが始まりまして、朝まずめだけで、連日20~30匹は釣れてました。ピークの日は朝5時半位から釣れ始めて、八時回っても釣れ続き、結局リリース可能なのを半分以上リリースして、キープしたのは30匹以上、飽きてしまって八時半位に沖上がりという冗談みたいな日もありました。
去年は、今は無き羽衣丸がいて、その周辺で釣れていたのですが・・・。
ただ、今年も、週を追うごとにタチの反応が良くなってきているので、じきに良くなりそうではありますが。
状況が良くなったら、またコメントさせていただきますね。

投稿: けん坊 | 2013年9月 9日 (月) 00時20分

けん坊さん 丁寧なコメントを有難うございます。あの日は顔見知りのベテランミニボート師が、あちらこちらと引き釣りをしても2尾だったとのこと。そんな中で5尾も釣るとは恐れ入りました。ぼくもしばらくは通おうと思ってますので、又良い情報を教えてください。

投稿: pu-63 | 2013年9月 9日 (月) 04時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/58143913

この記事へのトラックバック一覧です: 早起きのタチウオ釣り:

« 木工作は巣箱と踏み台 | トップページ | 三保の往復 »