« 本栖湖キャンプ場 | トップページ | 紙の恐竜! »

カヌーの転覆事故

昨日の朝三保海岸の100m沖で6人乗ったアウトリガーカヌーが転覆し、目撃者の通報により海上保安庁の船が出る騒ぎになり地方新聞では大きく報道されていた。きょう三保までチャリで走るとそのカヌーは砂浜に置かれています。Imgp4731
朝釣りに出ると必ず朝練をしているのに出会うので、皆操船には慣れているはず。それなのにセルフレスキューがどうして出来なかったのか不思議だ。海の波は高かったが漕ぎだす判断をしたのだから、転覆位は自己責任で立て直すべきだろう。思うにライフジャケットを付けているのを見たことが無いので、海を甘く見て安全軽視していたのだろう。全員がライフジャケットを付けていれば、海へ落ちても落ち着いて再乗艇が出来たはずだと思います。
自分もカヤックフィッシングではかなりの沖へ出るので、一層の安全第一を心掛けます。

Imgp4725
シラス網についていくのは沢山のカモメですが、おこぼれでもあるのだろうか。Imgp4726
興津川付近には大波が押し寄せています。双眼鏡でみてもサーファーは見えないので波が高すぎるようです。Imgp4728
真崎灯台の北にもかなりの波が押し寄せます。Imgp4729
釣り船は皆無でしたが、陸ッパリの釣り人は波と風を避ける場所で6人いました。

|

« 本栖湖キャンプ場 | トップページ | 紙の恐竜! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
そんなことがあったんですね。知りませんでした。
先日アジでもと思い、出ましたがリールが塩でオシャカになってしましました。安物ですがメンテを怠るといけませんね。

投稿: tencho | 2013年9月25日 (水) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/58263908

この記事へのトラックバック一覧です: カヌーの転覆事故:

« 本栖湖キャンプ場 | トップページ | 紙の恐竜! »