« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

みなとみらいで中華のお昼

29日の朝ゆっくりと眠って目覚めは快調だ。朝食を頂いてからものんびりとしましたが、10時半に家を出て散策しながら港へ向かいます。Imgp4783
高台には多くの異人館があり、見学もできますが今日は庭を見ただけで済ませました。

続きを読む "みなとみらいで中華のお昼"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大相撲14日目

28日は横浜に住む娘夫婦の家に遊びながら相撲見物に出かけます。東名高速は事故渋滞にはまり40分ほどノロノロ運転となりましたが、中区の娘の家には何とか11時過ぎに到着しました。一休みしてから電車を乗り継いで両国へ行きます。Imgp4739
12時半を過ぎお腹はペコペコなのでちゃんこ屋さんで先ずは腹ごしらえだ。

続きを読む "大相撲14日目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミサゴの季節

台風20号のうねりも収まりアジ釣りには良さそうだと真崎海岸へ着いたのは7時過ぎでした。しかし北東の風で白波が立っている。離岸堤の風裏なら釣りも出来ないことは無いが、無理することも無いだろうと内浜を見に行きました。しかし波は小さいが風は強くて釣りにはならないと判断し、風が変わるのを待とうと思いました。沖を眺めているとトビ見たいな鳥が海中にダイビングするのが見えた。双眼鏡で眺めるとミサゴです。夏場には見た事が無かったのだが気温低下とともに、寒い地方から引っ越してきたのでしょう(渡り鳥ではありません)。残念ながら望遠デジカメを持ってきてないので撮影は出来ないがじっくりと観察します。ミサゴは海面を見ながら魚を探しますが、波立っているのでなかなか魚が見えない様子で以後はダイブの姿は見られません。しかし見ていると4羽もいるのに気付きました。これなら次はしっかりと準備してミサゴの狩りを撮ろうかなと思います。結局1時間以上待ちましたが風は収まらないので帰宅しました。カヤックも釣り具も使ってないので始末は簡単です。終わった後は溜まっていた庭のお仕事「鉢土の再生」作業を頑張りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紙の恐竜!

小学校の図書館で先日面白そうな本を見つけた。題名は「恐竜の切り紙」とありパラパラと見ると楽に出来そうなのに面白そうだ。司書の先生に次回作ったのを持ってくるのでそれまで貸してくださいと言って本を借りてきました。昨日までにコピーして型紙を10枚ほど作って有った中から、相撲の中継を見ながら3種を作って見た。Imgp4737
体長はいずれも20cm前後で細かい工作は無いのでスイスイと出来上がる。その割には完成した姿は良くできていて、作者は凄いなと思います。

続きを読む "紙の恐竜!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カヌーの転覆事故

昨日の朝三保海岸の100m沖で6人乗ったアウトリガーカヌーが転覆し、目撃者の通報により海上保安庁の船が出る騒ぎになり地方新聞では大きく報道されていた。きょう三保までチャリで走るとそのカヌーは砂浜に置かれています。Imgp4731
朝釣りに出ると必ず朝練をしているのに出会うので、皆操船には慣れているはず。それなのにセルフレスキューがどうして出来なかったのか不思議だ。海の波は高かったが漕ぎだす判断をしたのだから、転覆位は自己責任で立て直すべきだろう。思うにライフジャケットを付けているのを見たことが無いので、海を甘く見て安全軽視していたのだろう。全員がライフジャケットを付けていれば、海へ落ちても落ち着いて再乗艇が出来たはずだと思います。
自分もカヤックフィッシングではかなりの沖へ出るので、一層の安全第一を心掛けます。

続きを読む "カヌーの転覆事故"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

本栖湖キャンプ場

22日の午後本栖湖へ向かいました。朝霧高原経由は込み合うのでR52~R300を走ることにした。行楽の車は多いが、トラックが無いのでスムーズに走り2時間余りでキャンプ場へ着きました。P9221352
かなり込み合ってますが、何とか遊んでいる仲間を見つけることが出来たのでヤレヤレだ。

続きを読む "本栖湖キャンプ場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2回目のカワハギ釣り

7時カヤックを出しますが、西の方向にはクロダイ釣り船に並んでYさんが浮かんでます。Imgp4711


Yさんは竿を使わないテジ釣り専門の名人、何を狙ってるのでしょう。

続きを読む "2回目のカワハギ釣り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々のアジ

台風も去り海が適度に濁れば釣りには好条件だ。朝サッタ峠のライブカメラを確認すると波も小さくなっている。そこで真崎沖でアジを狙って見ようと出かけました。Imgp4689
9時真崎海岸からは富士山がくっきりと見えます。ただし海岸は漂着ごみだらけで嘆かわしい光景でした。

続きを読む "久々のアジ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地球の出港

運動をしようと三保までチャリで走りました。Imgp4679
内海では若者が大勢並んで釣りをしてますが不思議な光景です。

続きを読む "地球の出港"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カワハギの調査(9月12日)

真崎で潜るダイバーに聞くと、カワハギは岸近くの水深10m付近に沢山いるよとのことだ。ただし型は小さいとのことなので釣りの対象にはならないかもしれない。それならいつものカワハギ釣り場へ様子を見に行こうと思った。マリーナの浮き桟橋でイガイを採取と思ったが、ほとんどが死んでいてカラッポだ。夏の高水温が災いしたのだろうが、一昨年もそうだったのを思い出す。仕方ないので今日の餌は冷凍剝きアサリだけとなります。Imgp4662
7時30分、対岸の堤防上にはイソヒヨドリがいますが、今度の冬も庭の餌台に来てほしいと思います。

続きを読む "カワハギの調査(9月12日)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓼科の温泉旅 Ⅱ

10日はチェックアウト後車はそのままにして、横谷峡遊歩道を歩くことにします。11
5分歩くと最初の滝となる「乙女滝」です。日本のあちらこちらに有る滝の名ですが、名づけのいわれは記されて無かったです。

続きを読む "蓼科の温泉旅 Ⅱ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

蓼科の温泉旅 Ⅰ

9~10日は妻と二人のんきな旅をしてきました。家を出たのは9時ですが時間はたっぷりと有るので今日は下道だけしか走りません。清里のそば屋でお昼の後はR299(メルヘン街道)をしばらく走り八千穂高原で一休みだ。1この周辺は白樺林日本一とのことで、白樺の観察には事欠きません。

続きを読む "蓼科の温泉旅 Ⅰ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三保の往復

14時過ぎチャリで走りますが、ハゼ釣りのチェックをしたいのでいつもとはコースを変えました。Imgp4633
ベイドリーム北側の小川ですが釣り人が並んでいます。Imgp4634
親子など色んな人たちが10名以上も釣りをしてます。しばらく眺めていたところ小さいハゼですが良く釣れてます。テンプラには小さすぎるのでから揚げでしょうか。

続きを読む "三保の往復"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早起きのタチウオ釣り

一念発起してボーズ覚悟でタチウオ釣りに行くこととした。Imgp4624
暗いので支度に手間取りましたが、4時35分岸を離れます。

続きを読む "早起きのタチウオ釣り"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

木工作は巣箱と踏み台

ヤマガラの巣箱を作りました。昨年初めてヤマガラが巣箱に入ったのだが、本来はシジュウカラ用だったので出入り口の穴を30mmにしてあった。ヤマガラは少しだけだがシジュウカラより大きいのでオスはそこに入るのに苦労してました。P9040082
そこで今度も多分ヤマガラが来るだろうと穴の大きさを32mmとした。材料は奮発?して13mm厚の杉板を買ってきたから気にいってくれるだろう。

続きを読む "木工作は巣箱と踏み台"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タチウオの偵察

サビキ釣りが不調なのでタチウオ釣りの様子を見に行く。5時40分三保内海には釣り船が5艇ほど浮かんでましたが、タチウオ狙いに違いないと思い双眼鏡で観察する。P9030073
なんと手漕ぎボートに3人が乗るのも見られますが、ライトも旗も無く危険極まりなしだ。近くの釣り船が盛んにジグで誘っているのが分かるのだが、釣れるのは見られません。

続きを読む "タチウオの偵察"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いても喰わないか?

6時15分真崎海岸へ着くと沖合には停泊中の自衛艦が見えます。Imgp4611


続きを読む "いても喰わないか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コースを変えて走った

31日の午後チャリで買い物がてら街?方面へ行く。Imgp4601
日の出埠頭の北側先端部だけは立ち入り可能なので釣り人が3名いました。しばらく眺めているとカマスが釣れてますが、手軽で良い釣り場だと思います。おかしな国際条約のお陰で清水港では、ほとんどの場所に入れないのは残念なことです。

続きを読む "コースを変えて走った"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »