« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

小6の活動

地元の小学校6年生が地区の奉仕活動をするというのに付き合って撮影担当をしてきました。P6300249
10年くらい経過して文字が消えてしまった(交通安全看板)の復元作業です。

続きを読む "小6の活動"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自然観察

10時過ぎに三保までチャリで走りました。良い釣り情報は無しでしたが、羽衣方面への車が渋滞していたので世界遺産効果が有るようです。Imgp3863
近くの小川ではかなり育ったカルガモの雛4羽と母親がいます。ここまで育てばもうカラスに襲われる心配は無いのか、母はかなりリラックスしているようだ。

続きを読む "自然観察"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カマスの入れ食い

真崎海岸へ着いたのは7時20分です。Imgp3847
離岸堤に東側には釣り船がほぼ止まって釣りをしています。

続きを読む "カマスの入れ食い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇跡のリンゴ

久しぶりに妻と映画鑑賞に行く。菜園をやっている妻は、映画のテーマである無農薬栽培が気になったようだ。農薬が体に良くないと気が付いてから、無農薬でのリンゴ栽培に挑戦する青森リンゴ農家の11年。家族の了解でスタートしたが毎年毎年失敗の連続で収入も蓄えも無くなり極貧生活となりながらも、義父、妻、子供たちの理解で続ける事8年。もうダメと諦めかけた9年目に土壌改良に気が付いて何とか光が見えた。10年目には花が沢山咲き、秋になった実は小さいが驚くほどに美味しい。11年目には見た目も味も飛びぬけたリンゴが出来て、やっと自然農法が軌道に乗る事が出来た。とのストーリーだが、実話に基づくセミドキュメンタリーみたいな話だから興味深く見る事が出来ました。たまには心に沁みるこんな映画も良いかなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕食は自給自足

良型のアジを釣りたくて、僕にしては超早出で興津へ行きました。Imgp3834
5時30分ほぼ満潮の潮止まりで川の流れはほとんど無く、水面は水鏡のようです。

続きを読む "夕食は自給自足"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山が世界遺産になったが。

世界遺産になろうとなかろうと富士山の値打ちは変わらないと思うので、メディアが大騒ぎするように喜ぼうとは思いません。観光面では初めは訪問者が増えて喜んでも、数年のうちに元に戻るというのがお決まりです。Imgp3832
昨日たまたま買ったいつものウイスキーにこんなおまけが付いてたのはタイムリー?でした。

続きを読む "富士山が世界遺産になったが。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身近な生き物たち

三日ほど前から写真に撮れたものです。P6140225
庭で良く見かけるようになった「カナヘビ」ですが、面白い事を発見しました。指先でなでようとすれば直ぐに逃げますが、草の茎で頭を擦っても全く動じることは有りません。風で揺れた草が触れていると思ってるのでしょうね。

続きを読む "身近な生き物たち"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イワシは美味い!!

今日は張り切って朝も早めに三保へ向かいました。Imgp3801
5時45分沖には2艘の釣り船がほぼ定位置で釣りをするのが見え、双眼鏡で見るとアジらしき獲物が釣れているようすだ。

続きを読む "イワシは美味い!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三保はサバ人気

このところ三保では沖も陸からも大きなサバが釣れる情報が有る。今日はそれを確かめようとチャリで走ってきました。P6170227
真崎海岸では赤いカヤックが有りますが、もう上がったというKさんでした。良い型のアジが釣れたようですが、数が出ないと残念そう。何と今朝は5時には浮かんだとのことですので張り切りようが分かります。

続きを読む "三保はサバ人気"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五目釣り 達成

良型アジを釣りたくて興津の海へ行きました。Imgp3779

8時前海へ出ますが、沖合にはシラス船が網を引いています。波が少々有りますが出入りには問題ないだろう。

続きを読む "五目釣り 達成"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルペンルートの旅 Ⅲ

旅も2日目となる13日は岐阜の飛騨市を経由して上高地へ向かいます。8時半に出発し道の駅で一度休憩しただけなので、大正池前への到着は10時40分と余裕でした。半数以上の人は此処でバスを降りて歩きだします。P6130158
予想外の好天に恵まれ焼岳はくっきりと見えています。

続きを読む "アルペンルートの旅 Ⅲ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アルペンルートの旅 Ⅱ

バスは富山駅近くの宿へ向かいますが、渋滞も無く走り1時間足らずで(アパホテル富山駅前)に着きました。チェックインして部屋へ荷物を置いたら街へ出かけて夕食とします。時刻は6時過ぎ、お腹も空いてきているので楽しみな食事だ。Imgp3774
ぶらぶら歩けば富山名物の路面電車が通りますが、最新型から昔の型まで色んなのが走るのを見られます。

続きを読む "アルペンルートの旅 Ⅱ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルペンルートの旅 Ⅰ

12,13日は「黒部立山アルペンルートのバスツアー」に妻と参加しました。昨年は10月に行ったのですが、あまりにも素晴らしくて季節が違えば又楽しかろうと申しこんだのです。7:20清水駅前から小型バスに乗ったのは6人で、おや?と少ない!思ったのですが1号車は静岡で満員の為余った我々は富士ICで県東部からの参加者が乗った2号車に乗り換えます。8時15分、44人乗ったバスは出発しアルペンルートの東側入り口大町市の「扇沢」へ向かいました。道中は長いので僕は準備してきた「アルコール飲料」をちびちびと飲みながら車窓の風景を楽しみます。運転は嫌いで無いですが、バスは視線が高くて回りが良く見え、飲酒もOKなのがいいですね。ほぼ予定通りの12時に扇沢に着きましたが、「いつになく空いている」と添乗さんが言ってました。Imgp3764
駅舎の入り口には(黒4ダム完成50年記念)の看板が出ています。

続きを読む "アルペンルートの旅 Ⅰ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩牡蠣は美味い!

10日は大潮で干潮タイムはお昼過ぎでー4cmと潮干狩りの好条件だ。その1時間前ごろから良いだろうとカヤックで漕ぎだした。Imgp3760
2年前の赤潮被害で超大型は非常に少ないが、写真程度の物は沢山採れました。採取には1時間ほど掛かりましたが、その後で半分ほどを殻剝きするのにほぼ2時間とかなりのお仕事です。

続きを読む "岩牡蠣は美味い!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジ後キス

朝早ければ良型のアジが狙えるだろうと、僕にしては早出で興津へ行きました。Imgp3747
7時45分海へ出ますが、今日は波とタイミングが合わずちょっとばかり潮をかぶってしまった。まあカヤックでは普通の事なので気にはしませんが、以前波に跳ね上げられた時に釣り道具を飛ばされて無くした事が有るのでそれには注意しています。

続きを読む "アジ後キス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅酒が出来た

昨年仕込んだ梅酒を仕上げました。Imgp3746
ホワイトリカー1.8lを2本使ったと思うのだが、砂糖と梅から出るエキスで量が増えて4lのペットボトルにあふれるくらいの量になりました。

続きを読む "梅酒が出来た"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

興津でキスのちアジ、イサキ

キスの天ぷらが恋しくて興津へ出かけました。釣り具屋にいつものアカイソメが無いので今日はアオイソメの餌で良しとする。Imgp3728_2
支度を整えて川から海へ向かったのは7時半です。

続きを読む "興津でキスのちアジ、イサキ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花菖蒲が満開です

鉢植えの花菖蒲が沢山の花を付けました。Imgp3725
黄色の百合と並べましたがなかなかきれいだ!と自画自賛しているところです。

続きを読む "花菖蒲が満開です"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小魚豊漁

7時40分真崎海岸へ着くと東方向の浜には陸っぱりがずらりと並んでいます。Imgp3709_2


きっとサバ狙いの人と思うので僕も途中からは沖へ漕いで試そうと思う。

続きを読む "小魚豊漁"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野麦峠

二日目の朝も晴れている。P6010066
露天風呂につかりながら山の風景を堪能しました。きょうは野麦峠へ行くことにしているが、その前に(番所大滝遊歩道)を歩くことにした。P6010068
道は狭くアップダウンも有るので慎重に足を進めます。

続きを読む "野麦峠"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乗鞍高原と温泉

3BB1GGツアーを5/31,6/1で楽しんできました。女性陣は直売所が好きなので、お得な野菜が並ぶ所へ寄り道したりしながらのんびりと走ります。それでも2時には鈴蘭のPに着きました。P5310014
駐車場の外れに立つ奇妙な建物はバットハウスで、希少なクビワコウモリの保護増殖の為でした。

続きを読む "乗鞍高原と温泉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »