« 魚探の不調を直す | トップページ | カワハギha »

良型のカワハギ

8時40分漕ぎだすといつもの手漕ぎボート釣り師が見えたので様子を聞きに行ってみました。Imgp2418
今日もカサゴ狙いとのことでこのところカワハギはやってないようだ。

その後はケーソンへ寄りカマスの様子を見たが釣れたのは3尾だった。NK堤防には風波が強く当たりやりにくいが、そのうちには風向きが変わるはずなので構わず釣りを始める。9時過ぎに竿を降ろしたがしばらくはカワハギどころか雑魚の気配も無し。30分間ダメなら場所替えと思っていると餌がきれいに無くなりました。これはカワハギに違いないと神経を集中して当たりを取ると釣れたのは20cmの本命だ。Imgp2421
そして又当たりが消えたが粘っていると微妙に竿先が揺れる。合わせて上げるが抵抗は軽くカワハギでは無いと分かる。Imgp2422
イラでしたがこれはリリースする。かなり間が空いてから強烈な段引きがあり、こりゃ大きなカワハギだろうと慎重ながら大胆に上げる。Imgp2426
29cmと今期の記録を更新したが、何か変だなと感じて良く見ると背びれの部分が奇形です。先天的なものか?成長途中で噛み切られたのか?こんなのは初めて釣りました。そしてしばらくしてからもっと強い引きの奴が掛かったが途中でフワット軽くなり逃げられた。合わせが弱かったかな?と反省したが残念でした。カワハギの大物は口が硬いので強い合わせが必要で、これでもかと2度合わせするのが手堅いようです。Imgp2427
カモメとも遊んでから11時に沖上がり。Imgp2429
こちらも良く出会うミニボート釣師ですが、釣果を聞くとアイゴが1尾といってました。Imgp2431
数は少なかったけれど型の良いのが釣れたので満足、良型カワハギはお腹がパンパンで肝たっぷり、刺身の肝合えは最高でした。調理の後は採ってきたイガイも剝いて次に備えます。Imgp2433


僕の釣り場ではアサリ<カキ<イガイと喰いが良くなり、イガイとアサリを同時に付けるとアサリは見向きもされません。しかしイガイは柔らかすぎて使いにくいので、近頃は事前に剝いて濃い塩水に漬けこみ身を締めて置くようにしてます。

|

« 魚探の不調を直す | トップページ | カワハギha »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/55912622

この記事へのトラックバック一覧です: 良型のカワハギ:

« 魚探の不調を直す | トップページ | カワハギha »