« 夏の終わり | トップページ | カワジハギの調査はおまけ付きだった »

サビキを喰わない

Imgp2234
6時、真崎海岸へ着くとカヤック釣師が2艇支度をしています。僕も隣へカヤックを並べて準備をしますが、Kさんには15分遅れで岸払いとなりました。


離岸堤南西のKさんに聞くと「キジハタ」が釣れたといいます。Imgp2246
そりゃうらやましいことだと釣りを終えた後で見せてもらいました。非常に美味しい魚で高級魚として知られていますが、日本海側では多く釣れるのに太平洋側では釣れるのは稀です。6時半ごろから釣り始めたが、魚探の反応は有るのに喰いは渋くたまにカマスが掛かるくらいだ。風も強いので赤灯台へ行く気にもならず、離岸堤周辺を漕ぎながらの釣りとなったが退屈です。Imgp2245Kさんも眠くなるねと言いながらカヤック上でくつろいでます。Imgp2242カモメの餌付けをして遊んだりしてましたが10時まえには切り上げました。潮も澄んで日が昇ると極端に喰いが悪くなり、コマセ無しの釣りは無理が有るようです。でも今更コマセ釣りをする気にもならないので、次はカワハギ調査の試し釣りに行くつもりだ。
釣果はカマス20尾、アジ1尾でしたので全てを「骨まで柔らか煮」にします。Imgp2247
圧力鍋の底に重ならない量でちょうど良い数です。Imgp2248
なかなか手間のかかる調理ですが、肴にもおかずにもなる美味しい煮魚ですよ。これも暇人だから出来るのかな。

|

« 夏の終わり | トップページ | カワジハギの調査はおまけ付きだった »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/55578453

この記事へのトラックバック一覧です: サビキを喰わない:

« 夏の終わり | トップページ | カワジハギの調査はおまけ付きだった »