« サッタでもカマスでした | トップページ | 夏の終わり »

カマスは釣れ過ぎた

6時離岸堤の西側にはミニボート2艇とカヤック2艇が既に釣りをしています。Imgp2220


水深10m前後の浅場で魚探にとても良い反応がありすかさずサビキを落とします。Imgp2221
ほとんど空振り無しで1~5尾のカマスが釣れてくる。Imgp2222
しかしお食事タイムは終わったのか、反応は出ていても6時半には釣れなくなりました。この時点でお土産は確保できたので、青物を期待して広範囲のトローリングを始める。7時シラス漁船がスタートラインに10艇並んでいる時に大粒の雨が落ちてきました。Imgp2223
ザーザー降りですが、元々濡れることは覚悟の服装なので風さえ吹かねば問題無し。雷が怖いけどそれも有りません。雨ふりが始まると再びカマスが良く喰うようになりましたが、どうしてでしょうか?Imgp2224
いつもの2馬力おじさんですが、今日はアジが少ないと云ってます。Imgp2227
堤防近くに2艇のミニボートがいますが、聞けばアジ、カワハギ狙いとのことですが釣果は不明。たまにしか釣れない雑魚の取り合いをするカモメ達にカッパエビセンを与えました。Imgp2229昔のCMを思い出します(やめられない、止まらないカーッパエビせん!)観光船でも売っているので、いまではまるでカモメの為のスナック菓子のようだ。釣果はカマス14~22cmが110尾越え、15cmのアジ6尾でした。カマス20尾は丸ごとおすそ分けしたが、その他は全てを捌いたので2時間掛かる。釣りよりも後の始末で疲れました。


|

« サッタでもカマスでした | トップページ | 夏の終わり »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/55549658

この記事へのトラックバック一覧です: カマスは釣れ過ぎた:

« サッタでもカマスでした | トップページ | 夏の終わり »