« 安曇野から白馬へ | トップページ | ワカナゴは35cm! »

天空の植物園

宿の場所は分かりにくいがカーナビの案内で迷うことなく到着した。P8200040
外観はメルヘン見たいな感じだが、内部はごく普通のペンションで特筆することは何もなし。

20日の朝食の場所は素晴らしかった。Cimg0285
谷の対岸は八方尾根スキー場で眼前のパノラマを楽しみながらパン食を楽しんだ。高所の雲が無ければ北アルプスも見えると聞いたので、しばらくは待っていたが雲は消えなかったのが残念だ。チェックアウトの後は今回の旅ではメインの高山植物園へ向かいます。P8200045
大枚?1900円を払い、テレキャビンに乗りました。次はペアリフトに乗り継ぎますが、妻もスキーで慣れたので不安なしだ。P8200047
随分と低い位置にぶら下がるな、と思っていたら夏の観光用にワイヤーの位置を下げていると説明が有りました。設置した時からグリーンシーズンの利用を考慮していたのですね。予想した通りに草原の花は少なくて寂しいですが、来るのが遅いのは承知でしたので仕方有りません。P8200062

P8200065
派手に咲くのはカライト草でこれだけは盛期のようでした。P8200081
かなり高齢のご夫婦が何かを探すようにゆっくりと歩いてます。聞けばお目当ては「ヒマラヤの青いケシ」だったようですが、ほとんどは散っていたので残念そうでした。P8200078
テレキャビンを使ってのパラグライダーも人気なようで、絶えず視界に入ります。
高山植物を見るには7月中ごろがトップシーズンのようなので、次はその時期にと話しながら五竜を後にしました。

|

« 安曇野から白馬へ | トップページ | ワカナゴは35cm! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/55474485

この記事へのトラックバック一覧です: 天空の植物園:

« 安曇野から白馬へ | トップページ | ワカナゴは35cm! »