« 三保は夏景色 | トップページ | アメリカふようが咲いた »

アジとカマス

日が高くなると釣れないのが分かってきたので、今日は特別早く出かける。Imgp1891
5時20分真崎海岸に着くと既にミニボートが2艘見える。上には上が有るものだとあきれました。

離岸堤へパドリング途中でアジらしき魚影が派手に反応するので、航路のど真ん中だけどサビキをおとしてみた。Imgp1892
直ぐにブルブルとの当たりで14cmほどのアジがダブル掛け。Imgp1893
今のところ船も通らないし岸からの籠爆弾も飛んで来ないので、ここでしばらく続けようと決めた。ほぼ入れ食いに近く仕掛けを落とせばブルブルとくる。しかし船が通過するようになったので未練ながら場所を変える。離岸堤周りに魚の反応は無いので一気に赤灯台へ行ってみた。一艇のミニボートがいるので様子を聞くと、少し前から釣れなくなったという。確かに雑魚しか魚探には映らない。それでも移動しながらサビキを落とし20cm余りのカマスを10尾ほど釣りました。Imgp1898
8時始発のフェリーが通るが、沖堤側からこれを見るのは初めてだ。ここで粘っても釣れそうにないので早上がりと決め海岸へ戻ったのは8時40分でした。Imgp1902
沖合をガントリークレーンが運ばれて行くが、御前崎へ行くのだろうか?以前報道で読んだ気がします。
釣果はアジが42尾、カマス10尾と上出来だった。Imgp1903
昼にはアジをタタキで食べたが写真を取り忘れた。Imgp1904
夕食には煮て食べたがたまには変わったレシピも良いです。今回は半分以上はおすそ分けしたが、残りは干物で食べることにする。

|

« 三保は夏景色 | トップページ | アメリカふようが咲いた »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/55293113

この記事へのトラックバック一覧です: アジとカマス:

« 三保は夏景色 | トップページ | アメリカふようが咲いた »