« 春の味覚を満喫 | トップページ | 仕掛け作り »

アーティストに感動した

朝から穏やかな日和で庭の手入れに忙しい。不足する資材が有ったのでホームセンターへ行って買い求めるが、ふと冬越ししたメダカが3尾と寂しいのを思い出しヒメダカを20尾買ってきました。(本当は黒メダカが良いのだが、上から見る水槽だと目立たなくているのかいないのか分からないのです)10尾づつ二つの水槽に放つと元気良く泳いで底に隠れて見えなくなった。泳ぐ姿を写真に取ろうと思っていたのだが、それは叶いませんでした。

午後はチャリでMOVIXへ映画鑑賞に行く。へそ曲がりの僕はアカデミー賞に輝いた作品はあまり見たことが無いのだが、今回は異色の作品らしいので見てみたいと思ってました。フランス映画なので舞台はフランスだろうと思っていたのですが違いました。1920年半ばのハリウッド、時代はサイレントからトーキーへの変革期の物語でした。サイレント時代の大スターがトーキーに順応できずに没落して行き、方やかけだしの時にアドバイスした女優の卵は華やかなスター街道を登り詰める。しかし彼女は昔の恩を忘れず彼を思い続けて、何度も裏切られながらも愛を貫き通すという古いタイプの純愛物でした。全編モノクロでほとんどはサイレント、字幕も出ませんが理解は出来ます。娯楽物にはお決まりの派手なアクションもお色気シーンも無かったが、一度も眠気を催さずに最後まで見ました。特にフィナーレの二人で踊る復活のタップダンスは感動的で、あと味も良く見終えることが出来ました。映画って良いものだな~と誰かのセリフを思い出します。

|

« 春の味覚を満喫 | トップページ | 仕掛け作り »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/54463035

この記事へのトラックバック一覧です: アーティストに感動した:

« 春の味覚を満喫 | トップページ | 仕掛け作り »