« 冬支度 | トップページ | カワハギ予想外の好漁 »

警察は庶民の楽しみを奪わないでよ!

天気予報では午後から雨とも言ってるが、明日からは冬型になり風が出そうなので今日行くことに朝決めた。いつもより少し早く出たので8時半には浜へ着いたが、天気のせいか2馬力小舟の場所には車が2台しかない。Pc081954
9時前対岸へ着くが堤防周辺に釣り船は無く、今日はさびしいなと思ったが湾内に手漕ぎボートが一人いた。近寄って聞くと「アジがボツボツ」と言ってるうちに穂先が震えて20cm位のアジが釣れた。ちょっと惹かれるがいつもアジがいるわけではないと言うのでやはりカワハギ狙いが良いだろう。

Pc081964
9時過ぎ仕掛けを降ろすと直ぐに当たりが有り、雑魚のダブル掛けでその後も連続で上がるのは全て雑魚。前回はカワハギが多くて雑魚はほんの少しだったのに海は分かりません。Pc081957
何処にいたのかいつの間にか頭上に来たのは見おぼえのあるいつもの奴だ。こいつは普通のカモメより二周りほど大きいのに、餌の取り合いでは負ける時もある気弱な奴だ。30分後やっと釣れた本命は15cm未満のリリースサイズです。Pc081955
その後はまともなサイズも釣れることもあったが、半分以上はリリースサイズなのには少し拍子抜けする。水温低下で大きなカワハギから引っ越しが始まったのかもしれないな。10時過ぎふと気が付くと先ほどのアジ釣り師が堤防上でカワハギ釣りを始めている。アジ→カワハギのリレー釣りとはアジな事をするお人だ。Pc081958
後ろでゴロンゴロンとやかましいエンジン音がするので見てみれば、堤防上の釣り師めざして水上警察の船が走って行く。Pc081963
船首に立った警官が盛んに釣り師に呼び掛けているが、なかなか性根の座った人で知らん顔して釣りを続けてます。しびれを切らした警官は堤防に乗り移り釣り師の説得を始めるが、反論している姿も良く見えました。30分以上経ってから渋々とボートを漕いで岸へ向かう彼は寂しげで気の毒。それにしても立ち入り禁止表示もなければ、昨年などは目の前を通過する警察船に何度も見られたのに何も言われなかった。今年から法律でも変わったのでしょうか、それとも署長が変わったか?日本のあちらこちらの沖堤などには渡船で渡る釣り場が多くあるのに、清水港は規制が厳し過ぎないでしょうか。30mほどの距離だっので漕ぎ寄って禁止の理由を聞きたかったが、わざわざアンカーを上げる手間を掛けるまでも無いと止めました。
Pc081967
警察船が消えると当たりも復活して嬉しいダブル掛けもあり、その後はサンバソウが一時は入れ食いだ。キス竿が満月のように曲がる引きには心臓が踊るが、カワハギ特有の段引きは無いのでアイゴかな?とも思いながら落ち着いてリールを捲く。Pc081970
浮いた姿はイシガキダイで慎重にタモを使って取り込んだ。30cmくらいと思ったが帰宅後計ると又長29cm、580gでしたが、カワハギみたいに丸い尾なら30cmあるのにね。少し前から雨もポツンとしてきたので切り良く13時にて止める。Pc081975岸へ上がると水たまりでカモメ達が羽を洗ってます。いつも塩水漬けなのでたまには真水で行水もしたいのだろう。釣果は15~23cmのカワハギ11尾(リリースはそれ以上)15~19cmのサンバソウ9尾、イシガキダイ1尾と満足な成績でした。Pc081977
カワハギは身とキモのなめろう、イシダイは初めて煮つけにしたがこれも良い味です。野菜もほとんど妻の菜園からなので買った物は少ないが手間が掛かっています。


|

« 冬支度 | トップページ | カワハギ予想外の好漁 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/53440038

この記事へのトラックバック一覧です: 警察は庶民の楽しみを奪わないでよ!:

« 冬支度 | トップページ | カワハギ予想外の好漁 »