« 興津で練習 | トップページ | 三保の風景 »

三保のキス釣り

今期初めてのキス釣りは三保の内海になりました。途中の釣り具屋では餌が売り切れで街中まで戻って買い求めると言うハプニングで、釣り始めたのは遅くなり9時45分ごろでした。キスの口には太すぎるアオイソメだが短めに切って釣針に挿して投入する。ゆっくりとカヤックを流すと数分後に当たりが有り12cmクラスが掛かってきた。P6060635


魚探にキスは映らないと思うが釣れる水深の確認には役に立つ。今日は水深6~9mの範囲で当たりがありそれを外れるとダメのようで、漁探を見ながら行ったり来たりの流し釣りとなりました。P6060636
すこし遅れて釣り始めたKさんは、僕とは色違いの同じカヤックです。ずっとそばにいるわけではないので様子は良く分かりませんが、時々キスは釣れているようです。P6060638
羽衣レガッタ用の船が並んでいますが休日には練習が始まっているのでしょう。カヌークラブの仲間たちとレースに出たのを懐かしく思い出しますが、今ではクラブの活動も低調で25名のメンバー集めは不可能なことです。お昼過ぎに餌切れで納竿しましたが、あまり期待しなかった割には釣れたようでした。P6060639
15~22cmが5匹。P6060640
ちびキスが12匹で二人の食材には十分です。P6060641
良型2匹は塩焼き用に冷蔵し、他を久しぶりの天ぷらと骨せんべいにしたが絶品でした。これは魚が新鮮だからで魚屋のキスでは美味しくありません。釣り人だけが味わえる特権ですね。

|

« 興津で練習 | トップページ | 三保の風景 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/51879029

この記事へのトラックバック一覧です: 三保のキス釣り:

« 興津で練習 | トップページ | 三保の風景 »