« 木島平村と飯山市 Ⅰ | トップページ | 果実2種 »

木島平の旅 Ⅱ

20日朝6時廊下でザワザワの気配がする。P6200696
しばらくすると前方のスキー場に草をはむ羊のような集団を目撃。先ほどの団体がワラビ狩りをしているようだが、朝から凄いパワーと感心します。

天気も良いので8時半にチェックアウトしてカヤノ平高原へ行くことにした。クネクネの山道をセミや鳥の声を聞きながら標高1500mの高原へ30分で到着するが、寒いことも無く半袖で大丈夫だ。P6200709
ちょうど山開きの日で神主さんを迎えしめやかに行事が行われています。それを横目にして信州大学の教育林になっているブナ林の散策に行きます。教育林だけあって各所に説明板があり、分かりやすい文章が書かれている。一周700mほどの狭い森なのに戸隠高原より鳥の種類が多い!と得意そうな説明もありました。緑と鳥と蝉の声には心が晴れ晴れとします。まだニッコウキスゲには早いので湿原散策は省略してきた道を戻ることにする。P6200734
里から離れた山の谷間にきれいな棚田が見えたので車を停めてながめました。11時過ぎ「やまびこの丘公園」に入場してしばらく花を眺めながら遊歩道を歩く。ここはなだらかな丘陵地を生かした公園で景観も素晴らしくてお気に入りの場所です。P6200743
池のほとりのレストランは違和感無く周囲に溶け込んでいる。ここで初めてランチを食べることにしたが、和食党の僕たちにはうれしいメニューがそろっていました。P6200751
ほとんどが隣接する農園で採られた野菜で、調理法も色々で妻はスタッフを質問攻めにしてました。
食べ終わったところで腹ごなしに園内をまた散歩するが、日向にいると厚い位の陽気で天気には恵まれた旅です。1時前公園を後にして車を発進し、2か所ほど寄り道したのみで帰宅した。二日間で走行距離は630kmですがたいした疲れも無く、高速道の便利さが分かります。

|

« 木島平村と飯山市 Ⅰ | トップページ | 果実2種 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/52003651

この記事へのトラックバック一覧です: 木島平の旅 Ⅱ:

« 木島平村と飯山市 Ⅰ | トップページ | 果実2種 »