« ペンキ塗り | トップページ | 子育てシジュウカラ »

初釣りはボーズ逃れ

良い釣り情報は無いが天気は良いしのんびりと海上散歩のつもりで三保へ出かける。P4260518
漁探の振動子を外付けから艇内に変えたので結果の確認もしたく広い範囲を漕ごうと海へ浮いたのは9時15分だ。

興津方面の赤灯台東に釣り船が2艘いるので先ずはそこを目指した。P4260520
赤潮が広い範囲で見られるのは海水温が高くなったしるしで少しは期待を持ってよさそうだ。P4260522
水深15mの底付近に魚影が写るのでサビキを落とすと釣れたのはスズメダイ。この後もサクラダイ、ネンブツダイと外道三羽ガラスがそろったが、目当てのアジはまるで駄目だ。P4260524
20分ほどで此処は諦めて白灯台へ移動することにするが横目で見る富士山は奇麗な笠雲をかぶってます。天気が下り坂なのは間違いなさそうです。P4260528
フェリーの乗客は少なそうだが、伊豆全般に旅行客が減っているようなので無理も無いか。P4260529
雑魚とは違う反応ですかさずサビキを落とすと、サバッコとイワシが釣れた。しかし数分後弱かった北風が止むと直ぐに南の強風が吹きだして釣りどころではなくなる。風に逆らって鬼漕ぎで浜へ戻ったのは11時と早上がりでした。P4260530
こんな奴が15匹の釣果だったが丁寧に捌いて二人前の天プラになり、美味しく食べました。ボーズも逃れたし漁探が使えるのも分かったしちょっとハードなパドリングも出来て良い初釣りになりました。

|

« ペンキ塗り | トップページ | 子育てシジュウカラ »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/51502612

この記事へのトラックバック一覧です: 初釣りはボーズ逃れ:

« ペンキ塗り | トップページ | 子育てシジュウカラ »