« 春は近いか? | トップページ | 市内観光 »

20年ぶりに将棋を指した

2月に入り先日までの寒さがうそのように暖かい日が続く。まだ2回しかスキーに行ってないのでこのまま暖かくなるのは困るのだが?どんなもんでしょう。

冬は行動が限られる、ここらでちょっと変化を欲しいと思い今日は地区の住民サロンに出かけることにした。10人足らずで活動しているらしい将棋のクラブが有るようなのでどんなものか様子を見てこようと軽い気持ちでした。13時しずしずと襖を開ければ将棋組と囲碁組が左と右に分かれてそれぞれ3組が熱戦の最中だ。挨拶を一方的にしてから一番手前の将棋対決を観戦させてもらうが、驚いたことに子供と熟年の対戦でした。5分ほど見ていたが結果は子供の勝ちです。そのうちに僕にもやってみなさいよと言われたので、渋々と同じような高齢者と手合わせとなる。なんと飴をくれたとしか思えないが勝ってしまった。結局その後も二人と手合わせして結果は2勝一敗と思いがけない結果です。うまく嵌められたと分かっていても年会費1000円を納めて会員登録をしてきました。勝ち負けにはこだわらず楽しけりゃいいじゃないか!の言葉が気に入ったのでしばらくは続けてみようかと思った次第です。

|

« 春は近いか? | トップページ | 市内観光 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/50784345

この記事へのトラックバック一覧です: 20年ぶりに将棋を指した:

« 春は近いか? | トップページ | 市内観光 »