« 魚の燻製作り | トップページ | 富士山でスノーシュー »

GANTZ(ガンツ)

おかしなタイトルだがとても人気が有るコミックの映画化と言うことで、今時の流行の勉強もしようと観る気になりました。

今時の若者がどんなことを好むのかな?との好奇心もあり、たいした予備知識も持たずに出かけたが好きな俳優?の二宮和也に引かれたこともあります。2度ほど居眠りもしたのでとても良かったとは言えないけれど、主役が何度も言っていた「人間誰にも得意なことが有り、それを続けることで世の為人の為になる」のだ。と言うのがテーマになっているのは何となくわかりました。それにしても動けない「凶暴千手観音」に体当たりで向かってやられるのは愚の骨頂でもう少し工夫が有っても良い筈だ。僕の採点はマアマアで観て損したとは思わなかったです。

|

« 魚の燻製作り | トップページ | 富士山でスノーシュー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/50822421

この記事へのトラックバック一覧です: GANTZ(ガンツ):

« 魚の燻製作り | トップページ | 富士山でスノーシュー »