« またもカワハギ釣り | トップページ | またまたカワハギ釣り »

カワハギが大漁

あまり天気は良くないがカワハギもいつまで釣れるのかも分からないので出かけることに決める。釣り支度をしていると雨がぱらついたのでしばらく様子を見ていた為遅くなったが8時40分に家を出た。真崎海岸へ着くと北東の風が吹き波もちょっと高いので当然ながら釣りをする人は少なかった。それでも風裏になる沖堤まで行けば釣りは出来るだろうとカヤックを出した。Pb170001


赤灯台の外れには二人乗りの釣り船が停泊してカワハギ釣りをしている。Pb170003


此処なら風も波も避けるので釣りやすいだろうが、実績は不明なので通過して更に北方面へ漕ぐ。100mほど進んだところで砂利アンカーを降ろし別のロープで岸壁のループに通してカヤックを固定した。カワハギが釣れるのは岸壁の近くなのでしっかりと場所を決めるのは手間がかかるが、何とか岸壁から1m位で停めることが出来た。9時半釣りを開始するとさっそく当たりが有りきれいに餌を取られる。犯人はカワハギに違いないと次は細心の注意で糸フケを見ながら合わせると小型のカワハギが釣れた。その後も小型が続き大きなのはいないかな?と思ったが、やっと4尾目には20cmオーバーサイズが釣れてほっとする。Pb170006このサイズには珍しくメスのカワハギだ。一羽のカモメは辛抱強く待機していて、たまにしか釣れない雑魚を待つのがいじらしい。Pb170007


口笛を吹いてネンブツダイを投げれば一瞬の早技で咥え飲みこむのだ。カワハギの当たりは途切れることなく順調に釣果は増えていく。Pb170008


これは良型のオスだ。Pb170012


当たりはカワハギの筈だが後の引きが弱いと思ったら、奇麗なゲンロクダイでした。13時に餌切れで納竿したが20尾以上の満足な成績でパドリングの腕も軽い。Pb170016帰ってから並べて数えると17~25cmが28尾とカワハギの記録更新だ。当然夕食はカワハギづくしになるが時には趣向を変えようと、キモと身をたっぷりと入れたお好み焼きを作ったがこれは美味かった。Pb170018


肝と身のナメロウも良し、残る中落ちなどで作る潮汁もおいしい。当然ながら酒もすすんで良し悪しですな。おすそ分けしても皆が喜ぶカワハギは釣り味も良くて飽きません。まだしばらくは釣れると思うので三保通いが続くでしょう。


|

« またもカワハギ釣り | トップページ | またまたカワハギ釣り »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/50058492

この記事へのトラックバック一覧です: カワハギが大漁:

« またもカワハギ釣り | トップページ | またまたカワハギ釣り »