« 天竜川カヌー大会出場 | トップページ | 少しでも釣れた、良しとする »

蜘蛛二態

連日の猛暑で毎夕庭の水撒きをするが、気分転換に蜘蛛への餌やりもして観察する。蚊を網へ飛ばしたときは瞬間的に捕らえて食いつくが、バッタでは近付いても警戒して前足?でそろりそろりと触れながら様子をうかがう。Img_2550


蜘蛛は自分より大きな獲物には特別警戒するようで、触って動かなくなるまでは噛みつこうとしないようだ。Img_2552


違う個体でも行動は同じ。大きな獲物には用心するというのが、蜘蛛のDNAに組み込まれているのだろう。

|

« 天竜川カヌー大会出場 | トップページ | 少しでも釣れた、良しとする »

庭の四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/49240133

この記事へのトラックバック一覧です: 蜘蛛二態:

« 天竜川カヌー大会出場 | トップページ | 少しでも釣れた、良しとする »