« 最後の岩牡蠣採り | トップページ | 三保沖をあちこち »

雨が降ったり止んだりなので釣りの予定は諦め、たまっている用事と買い物などで午前中は終わった。
午後は定期受診があるので、図書館で借りた幸田露伴の釣り小説を読みながら時間をつぶすが、これもまた良きかなです。15時前家を出て医院へ向かう。いつもはチャリで行くのだが、空模様が怪しいので車で出かけた。医師は聴診器で胸と背中を丁寧に診察してくれながら『足まで日焼けしてますね』というので『カヤックで釣りをしてますので』と答えると、気を付けてください『僕は水で死ぬことは無いですが』と言う。怪訝な顔をしていると『僕はカナズチなので水へは入りません』とおっしゃいました。僕より年齢は7歳位若いはず!まあ色んな生き方が有るのだからいいだろうと思うことにしました。診察の後、長谷川さんは『何も言うところは無いのでまだまだ大丈夫です』よ言われ気を良くして帰りました。

P8111377


夕食は妻の煮物と僕の焼き物です。バランスの良い食事が健康の元と妻にはいつも感謝してますが、僕の釣りと採取も新鮮な食材調達には役立っているはず。今年の焼き岩ガキはこれで終わりと思うと、少し残念でしっかりと味わいながら食べました。

|

« 最後の岩牡蠣採り | トップページ | 三保沖をあちこち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/49123272

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 最後の岩牡蠣採り | トップページ | 三保沖をあちこち »