« カキのスモーク作り | トップページ | 魚の捌き »

サバッ子とイサキっ子

用事を済ませてから釣りの支度をして三保真崎海岸へ着いたのは10時15分だった。実績のある赤灯台へ行くつもりでいたが、南の風が強くて帰りが大変なことになりそうなので釣り場は変更。漁探の反応を見ながらサビキ仕掛けを降ろすが、かかるのはサバッ子ばかりでイワシはいないようである。白灯台付近の反応ではイサキが釣れたので、ここで落ち着きイサキ狙いとする。シーアンカーをだして流し釣りをすると2回も仕掛けをあげれば50mも沖へ流される。元の場所へ戻るには鬼のようなパドリングが必要なので、流し釣りは3回で止めてアンカーをおろしてカヤックを固定した。P5181041


100mも離れない航路をこんな大型船も通って行く。上層ではサバッ子が、中層ではイサキっ子が時々釣れるがアジをねらって底を狙えばきれいなサクラダイなどが食いつく。P5181045


風はますます強くなり帰りのことも考えて防波堤の南西方向へ移動することにする。漁探を見ながら魚の反応が多い場所を探して、水深20mくらいの場所でアンカーを降ろす。P5181050


この反応のときにはイサキっ子が鈴なりであがる。P5181049


とちゅうで20cmのアジが釣れたが1尾は写真を撮ろうとしているうちに外れてしまった。11時から4時半までの釣果はサバッ子、イサキっ子が沢山でアジ1尾でした。P5181051


夕食後に魚の始末をするつもりだったが、疲れもあり時間もかかりそうなので明日にすることにした。こんな時にも暇人は時間があるので便利なのだ。

|

« カキのスモーク作り | トップページ | 魚の捌き »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/48399235

この記事へのトラックバック一覧です: サバッ子とイサキっ子:

« カキのスモーク作り | トップページ | 魚の捌き »