« お手伝い | トップページ | 落語鑑賞 »

小物専科?!

天気予報では東の風が強いようだが、三保だった何とか釣りは出来るだろうと家を出たのは8時20分。さすがにこの時間だと通勤ラッシュも過ぎていてスイスイと走ることが出来た。P5311037


うねりと風で赤灯台は無理なようなので真崎の一文字堤沖へ漕ぎだすとおじさん?が一人で釣りをしている。聞けばサバッ子を釣ってからそれを餌にしてヒラメを狙うとおっしゃるが、ヒラメなんて簡単には釣れないだろうと思ってしまうのは素人か。

P5311042


漁探を見ても魚の群れは少ないので結局は何時もの赤灯台まで行ってしまった。ここでは時々魚の反応でモニターは真っ赤になる。P5311040


そこを狙って仕掛けを落とせば、サバッ子、イサキっ子、豆アジなどがゾロゾロと釣れる。しかし本命の良型アジが来ないので白灯台へ移動してみる。P5311043


こんな人をしばらく観察したが、大したものは釣れてないようだ。漁探を見ながら堤防回りを漕いで時々サバとイサキの拾い釣りをする。小物は釣れるが良型アジはサッパリと来ない。12時30分諦めて納竿とした。P5311045


暇人だから出来る12cmほどのイサキの刺身。小型でもアジは変わらないから手間をかけるだけのことはあります。P5311046


サバッ子、イサキっ子、豆アジは頭と尾をおとしてから腹の中を奇麗に洗う。それをフードプロセッサーにかけてすり身にすれば良質な食材の出来上がりだ。P5311047


夕食用に一部を使って妻がさつま揚げを作ったが、市販の品とは一味違う味わいでした。

|

« お手伝い | トップページ | 落語鑑賞 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/48507790

この記事へのトラックバック一覧です: 小物専科?!:

« お手伝い | トップページ | 落語鑑賞 »