« 釣りはボーズ!? | トップページ | 大井川を楽しむ »

キスは釣れたが

P5011055


6時半三保の内海へ着くと既に4艇のボートが竿をだしていた。支度を整えて漕ぎだし100mほど沖合で釣り始めた。風が強いので他のボートは皆アンカーを降ろしている。しかし僕はシーアンカーを流して竿を2本だしての流し釣りをすることにした。

P5011059


P5011057_5


P5011056_3

ポツポツとキスは釣れるが10cm~13cmと全てが小ぶり。それでもオモリが軽いのでブルブルっとの当たりは良くわかりそれなりに楽しい。一度竿が引き込まれるような強い当たりが有り、続いて強烈な引きで慎重にやりとりしたが途中で外れた。あまりに強い当たりに合わせを忘れたのが悪かったのだろう。もう十分と10時半に上がったが隣の車の屋根にカラスが乗っていて近付いても逃げない。持っていたエビせんを足元に落とすと直ぐに舞い降りてその場で食べる。面白い奴だと続いてエビせんをやると3個咥えてひょこひょこと歩きだした。何処へ行くのだろうと見ていると、10mほど先の水たまりへエビせんを落として濡れたのを食べだしたのだ。きっとパサパサしてのどに引っかかるので工夫したのだろうが、カラスの知恵には感心した。
釣果はキス(18cmが1尾)、メゴチと二人分の天ぷらには十分で、26cmのベラも食べてみることにする。
キュウセンは関西では以前から喜んで食べるようだが、以前は全てリリースしていた。しかしWEBではかなりの釣り人が美味しいと言ってるので、刺身で食べたがシコシコとした食感で淡泊な味で普通に食べられた。

|

« 釣りはボーズ!? | トップページ | 大井川を楽しむ »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/48235241

この記事へのトラックバック一覧です: キスは釣れたが:

« 釣りはボーズ!? | トップページ | 大井川を楽しむ »