« ジビエ料理をたのしむ | トップページ | 戸隠 »

富士山でカンジキ歩き

北に見える1600mクラスの山が真っ白だ。これなら富士山の積雪は多いだろうと、カンジキとスノーシューを持って出かける。1


富士川沿いに出ると裾まで白くなった富士山が出迎えてくれ、これなら雪もたっぷりだろうと一人でニコニコした。

2


標高300mを越えるあたりから残雪が見え始めて、1000mになると一面の銀世界に変わった。こんな時には何度も鹿を見ているので今日も出ないかな?と気にしながら走っていると、いましたいました!3頭も。以前正面に停車したら直ぐに逃げてしまったので今日は数mほど行き過ぎてから車を止める。後ろを振り返ると彼らも僕をじっと見ているのです。まずは車中から窓越しに1枚シャッターを切る。しめしめ逃げる気配は無いようなのでそっとドアを開けてゆっくりと車外へ出た。動作は出来るだけゆっくりとしながらデジカメを構えてちょっとだけズームしてシャッターを押した。
3_2


撮れました!コンデジでこの写りとは我ながら感心した次第です。
4


雪はたっぷりと有るので標高1300mの西臼塚で十分と車を止めて輪カンジキを履く。遊歩道を歩けば鹿の足跡は続くが、人の歩いた形跡は無い。こんな良い場所を独り占めとは申し訳ないことだと思いながら歩くこと30分くらいで寄生火山の西臼塚へ到着した。
5


記念の証拠写真を撮った後は、ミニお鉢めぐりをして車へ戻りました。帰りは富士宮の立ち寄り温泉もどき「天母の湯」へ寄ったが、空き空きでゆっくりと疲れ?を癒して帰宅した。

|

« ジビエ料理をたのしむ | トップページ | 戸隠 »

雪遊び」カテゴリの記事

コメント

輪かんじき…活躍してますねぇsnow
そのロケーションはPUさんにとっては裏山気分ですね。
うらやましいjapanesetea

投稿: やすいナす | 2010年2月 3日 (水) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/47468085

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山でカンジキ歩き:

« ジビエ料理をたのしむ | トップページ | 戸隠 »