« 春はそこまで | トップページ | メジロのカップル »

海を知ろう『2009』

新聞でタイトルのような講演会が有ることを知り、面白そうだと思って出かけた。場所は東海大学なのでチャリで10分あまりだ。守衛さんに尋ね会場の8号館へ着いたのは始まる10分前でした。それにしても人が少ないと思いながら各種の展示物をみて開会を待つ。1


第一部は「海洋環境教育プログラム」なるもので、先生方5~6人による発表だったが部外者には退屈な内容だ。おまけに時間をオーバーするのもメチャクチャで、後で出る人も時間短縮には無頓着で一般人の僕には理解できない。12時の予定が終わってみれば12時45分。これじゃお昼も食べられないと、受付に聞いて自販機コーナーへ行ったらカップめんが有ったのでそれをかき込んで我慢した。

午後は「三保の海辺の魅力ーこの豊かな自然を残すために」との表題なので、これを楽しみに来たのです。2


まずはプロダイバーによる三保の海の生き物たち。珍しい生物が多いということは聞いていたが目からうろこが落ちました。3


次は大学のカヌー、カヤッククラブによる活動の発表。前半の発表は女性でテキパキと分かりやすく伝えてくれました。朝6時から練習で漕ぎ始めるというのはすごいですね。4


そして環境サークルECOの発表です。若者たちが幅広く献身的な清掃活動を実践しているのを知り、頭が下がりました。
そのほかにもフォトコンテストや各種研究活動のパネル展示もあり、特に午後は楽しい時間を過ごせました。
教訓!来年もあるというが、一部はパスしよう。

|

« 春はそこまで | トップページ | メジロのカップル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/47624546

この記事へのトラックバック一覧です: 海を知ろう『2009』:

« 春はそこまで | トップページ | メジロのカップル »