« 西里でお昼 | トップページ | 妻の初滑り »

海遊びのちオーシャンズ

天気は良いし何となく釣りに行きたい気分になったので、冬でも釣れるはずのカサゴ釣りに行くことにした。以前から目に着けていた由比漁港に着いたのは9時半と釣りにしてはのんびりな時刻。竿を出して型を見れば良いくらいで、多くは望まないからこれで良いのだ。考えてみると、カヤックを使わない海の釣りはここ何年も記憶にないくらい久しぶりです。1若いころは興津のテトラポットを飛び歩いて釣りをしたものだが、この年になるとテトラの上を歩くのは危険を感じるのも仕方なし。


慎重に移動しながらポイントを見つけては竿を出すが、思ったより底は浅くてカサゴはいそうもない感じだ。2
それでも15分後にブルブルと当たりが有り、10cmのチビが釣れた。丁寧に針を外してリリースして場所を変える。何ヵ所目かに又チビカサゴが1匹。此処には良型はいないだろうと見切りをつけて新堤防へ移動する。3
遠目には分からなかったが、侵入防止用の鉄格子は太い鉄棒が2本切断されてちょうど人が通れるようになっていた。釣り人の仕業だろうが何か釈然としない。それでもそれをくぐって高い堤防上から足元を探ってみたが当たりは何もないので間もなくあきらめる。帰りは興津の旧道を通り土産を買って帰ることにした。4
最初は興津のタイ焼き、これは休日ともなると行列もできて買うのは大変だが今日の先客は女性一人でした。5
次は出口の「揚げハンペン」とカマスの燻製。揚げハンペンのシールにはキスとハモと書いてあるがそれを信じられる味の良さは鹿児島のさつま揚げをはるかにしのぐ。僕的には興津№1の名物と思っています。
午後は妻と映画「オーシャンズ」を見に出かける。あまり予備知識もなく行ってみたが(初めてタイトルを見たときはオーシャンズ11のリメイクと思ったくらいです)、海洋映画が大得意のフランス映画とは始まるまで知らなかったのはうかつ。珍しい生物、人に依る海洋破壊、種の絶滅など盛り沢山な内容を奇麗な映像で飽きることなく鑑賞したが、どうしたらこんなのが撮れるのかと驚くシーンも満載で楽しめました。


|

« 西里でお昼 | トップページ | 妻の初滑り »

釣り」カテゴリの記事

コメント

いつも大変楽しくブログを見せて頂いています。
真崎の堤防の裏にあるテトラポットなら
30cm級のカサゴが狙えますよ

投稿: 環マテ | 2010年1月27日 (水) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/47396571

この記事へのトラックバック一覧です: 海遊びのちオーシャンズ:

« 西里でお昼 | トップページ | 妻の初滑り »