« 新東名を歩く | トップページ | ボーズは免れた »

三保の風景

日曜日には釣り人が多いので情報を仕入れようとチャリで出かける。Pb080567
10時過ぎに内海へ着いたが、ボート釣りの人達の車に交じってカヤックを積んだ知人の車もある。双眼鏡でカワハギ釣り場を見ると父子で釣りをしている。沢山釣ってもらいたいな、と思いながら真崎海岸へ移動する。Pb080574
穏やかな日で釣り人は多いが、飛行場前の人出にはビックリした。しかしあまり釣れてはいないようで竿は曲がらない。Pb080577
東から戻ってくるカヤック釣り師がいたので、情報を聞こうと待っていたが沖合で釣りを始めたようなので話を聞くのはあきらめた。しかし同じような釣り師がいるのは何故かうれしいものだ。Pb080578
はるか沖には沢山の釣り船が浮かびワラサやタイを狙っているようだが、バラバラなところを見ればあまり釣れているとは思えない。Pb080580
内海へ戻ると海洋少年団が手旗の訓練をしていたが、指導者も子供も一生懸命でした。Pb080582
変なものがあったので見に行くと、海から引き揚げられたようなミニバイクだった。フジツボなどが沢山ついているのでかなり前から海中にあったようだが、どんな風に海へ流れたのか気になる。Pb060549
これは先日の釣りのときに目の下に突然現れた直径1mほどの越前クラゲ。由比の定置網に掛かって困るとの報道があったが、まさか三保の内海まで切るとはビックリだ。

|

« 新東名を歩く | トップページ | ボーズは免れた »

ポタリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/46708352

この記事へのトラックバック一覧です: 三保の風景:

« 新東名を歩く | トップページ | ボーズは免れた »