« カワハギ豊漁 | トップページ | 三保の風景 »

新東名を歩く

数日前の新聞で見たイベント(新東名清水地区ちょこっとウォーキング)に妻と参加した。町内の会合を早退して10時45分に家を出て興津へ走るが、なんとR52の分岐が凄い渋滞で裏道へ回る。立花でR52へ合流したが今まで経験がないくらいに車が多く、案の定宍原の会場へ右折する車が多かった。駐車場には予想以上の車が止まり人気のほどを実感する。Pb070550
到着が遅かったのが幸いで受付の近くへ停められたのはラッキーでした。Pb070551
アーチをくぐって歩きだしたのは11時半で、既にピークは過ぎたのか大した混雑は無い。Pb070554
広大なPA予定地では工事車両の展示公開などが行われ、美味しいお茶のサービスも受けた。Pb070562
清水第一トンネルは1600mもあり多数の照明もあったが足元は暗くてなんとなく歩きにくい。ぞろぞろと戻ってくる人たちの行列はまるで難民のようです。Pb070565
第二トンネルを抜けると和田島橋上のゴールへ到着、5kmを1時間で歩いたのはかなりのハイペースでした。ここで持参のお弁当を食べながらのんびりとする。参加者は年配の人が目立つが、子供連れの若いファミリーもかなりいました。Pb070566
下からしか見たことのない大きなトックリを見降ろしたのは不思議な光景です。Pb070570
ゆっくりした後は当然ながら同じ道を歩いて帰り2時にはゴールへ到着、スタンプラリーの福引は夫婦ともに外れだった。
大勢配置されていた案内や警備の人達は礼儀正しくNEXCO中日本の力の入れ方は凄いものだと感じたし、二度と無い良い経験をさせてもらったのは嬉しかったです。

|

« カワハギ豊漁 | トップページ | 三保の風景 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/46698928

この記事へのトラックバック一覧です: 新東名を歩く:

« カワハギ豊漁 | トップページ | 三保の風景 »