« 斑尾山の朝 | トップページ | 梅雨明け発表 »

草競馬と湿原歩き

8月の第一土曜は毎年恒例の草競馬見物と決めている。7時過ぎに家を出て増穂IC~岡谷ICまで高速を走り、あとはR20で塩尻の東山へ行く。ここでシャトルバス(無料)に乗り換えて高ボッチ高原へ向かうが、周りの景色を見ながら30分足らずで会場へ着いた。既にレースは始っていて賑やかなアナウンスがあり気分も浮かれてくる。塩尻ワインを仕入れ、たこ焼きも買って良さそうな場所へ腰を降ろした。高原の空気はさわやかでTシャツでは肌寒さを感じるくらいに気持ち良い。Img_2118
サラブレッドの組はすごい迫力があり見ている自分も気持ちが高ぶる。P8011511
ポニーへ乗るのは子供たちで一生懸命なのだろうが、のんきな感じでほほえましい。彼は優勝して嬉しそうです。P8011508
出番を待つ馬もすでに走り終わった馬も皆おとなしくしていてしつけの良さが思われる。犬や猫にも(人も?)そうしてほしいと思った。
例年は日帰りだが今回は次の予定を組んだので、お昼過ぎのシャトルバスで馬場を後にしたが一方通行の遠回りをするので、お花畑を眺めながら45分のバスハイクも楽しませてもらった。
長野道は途中から雨となり、今日はもう遊べないかなと思いつつ走るが飯山に入るころには雨も上がった。斑尾高原は一面の霧で見通しは効かず景色を楽しむどころではない。それでもと希望池へ行って傘をさしながら少しだけ歩いた。早々に宿へチェックインしたが昔の威光も薄れたような古ぼけた建物でちょっとがっくり。P8021513
5時過ぎ目覚めると西側の斑尾山の方に虹が買っている。きれいだが天気が下りの証拠みたいなものなので喜べない。案の定6時過ぎにはポツリポツリと落ちてきて一時は本降りとなった。しかし朝食を食べた後ゆっくりしていると雨も上がり心なしか明るくなったようす。これなら歩けるだろうと9時過ぎにチェックアウトして沼の原湿原へ向かう。P8021539
水が多くていかにも湿原らしく、花も各所に咲いている。P8021521
整備された木道は気を使わずに歩けるので、あちこち眺めながら花や虫の観察をした。これは初めて見た花で名も知らないが清楚で優しい花でした。P8021524
一周2km足らずを1時間ほどかけて回ったが、十分に満足。湿原とは名ばかりの乾いたところが多いのに、此処は本当の湿原だった。

|

« 斑尾山の朝 | トップページ | 梅雨明け発表 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/45823436

この記事へのトラックバック一覧です: 草競馬と湿原歩き:

« 斑尾山の朝 | トップページ | 梅雨明け発表 »