« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

大漁節だよ~

暇人はコンディションの良い時を選んで遊べるので誠に都合が良い。今日も梅雨の中休みで海も静かそうなので、馬鹿みたいに釣りに出かける。昨日の雨で海に濁りが出たはずなのでキスは見込み薄、そこで今日は本格的にアジ、カマス狙いだ。釣り具屋へ寄ってアミコマセと仕掛けも仕入れ、気持ちもウキウキと興津川河口へ急ぐ。6時半河岸へ駐車して支度の開始、川の水はすでに澄んでいる。海へ出ると思った通り薄いニゴリがあり、これではキスは釣れないだろう。健康ランドの沖合にカヤックを止めて釣りの開始だが、3回目のコマセで当たりが出て豆アジがダブルで釣れた。降ろすたびにブルブルと当たり豆と小アジが上がってくる。当たりが遠のくと次に釣れるのはカマス、カマスが寄るとアジは逃げてしまうようだ。やがて当たりも遠のいたので場所を変えようと考えた。思い切って初めての場所へと東へ向かって漕ぐこと20分余り。さったトンネルの沖合にアンカーを下してから再度釣りの開始。5~6mと浅いのでどうかな?と思ったが直ぐにブルっときてグイグイと引き込む。慎重に巻き上げると20cmくらいの立派なアジだ。しめしめと仕掛けを下してコマセを振ると直ぐに当たりで、今度はダブルで上がってきた。ところが水面まで来たのに1尾はハリスを切って逃げてしまった。これはいけないと1.5号の太いハリスに変えてみるが、相変わらず良く当たり3尾も食った時など重いこと重いこと。時にカマスなども交じるが1時間は良型のアジが釣れ続いた。それでも11時ごろには当たりも遠のいたので納竿とする。興津川の河口では手頃な波に乗って一気に川へ入る。潮も高いので降りずにR1の橋まで漕ぎ上った。P6291499
帰ってから数えると18~23cmの中アジが30尾、その他豆アジ、小アジ、カマスなど沢山で数える気にもならなかった。ご近所、親戚5軒におすそ分けしたが皆に喜んでもらえました。P6291500

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃドクター!成功

朝は曇り空だったが8時前から雨に変わる。予想された雨だったので今日は外で遊ぶ予定も気持ちもない。9時半ディーラーへ行きエコカー補助金の申請書を記入して提出した。込んでいるようなのでいつ振り込まれるのか予想もつかないが、10万円は妻と折半しようと話は決まっている。
午後は前から気になっていた歩くピンクの豚の修理に取り掛かることにした。次女の置き土産だがかなり前から動かなくなり、電池を変えても何の反応がないのでそのままになっていたのだ。P6281494
P6281497
どこか配線の接触不良と予想をたて、ばらしてみるが簡単には分からない。テスターを使ってあれこれしているうちに時々動くようになったが、しばらくすると止まってしまう。何とか直ったようなので組み上げて歩かせるとユーモラスな動作が楽しいが、再び止まって動かなくなる。仕方が無いので再度ばらしてあちこち調べるとギヤが絡んで止まるのが分かった。ねじ込みの強さを加減して歪みを取ると調子良く動き続けるようになり修理はようやく完了したが2時間がかりだった。他愛もないおもちゃだが何とか直せたのはうれしかった。
次も又手仕事で釣りの仕掛けを30分ほどかけて作った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カマス、アジ、ワカナゴ

午前の短時間だけ空いていたので4時半に起きて釣りに行く。(全く好きだね!)。川の水はまだ多いがきれいに澄んで底まで良く見える。R1の下流では大きなクロダイが泳ぐのも見えた。海へ出て昨日はカマスが釣れたので今日は餌もコマセも持たないでサビキの仕掛けだけで試してみる。5時半釣りの開始だが、昨日は跳ねていたイワシが見えないのでポイントが分からない。昨日カマスが釣れた場所では当たりも無いので、糸を出してゆっくりとパドリングを続けてトローリングの真似ごとをしてみる。すると意外と岸に近いところでブルブルと竿先が震え、上げてみると豆アジが2尾釣れてきた。よしここで頑張ろうとアジ仕掛けとカマス仕掛けを垂らして気合いを入れなおす。カマスとアジがポツポツと釣れるがアンカーを下してないのでカヤックが沖へ流れると当たりも無くなる。P6271490
漕ぎ戻しては数尾釣りまた漕いで元へ戻る、なんてのを繰り返していると竿先が海中へ突っ込む強烈な引きだ。こいつは尺を超える大物に違いないとドラグを緩めて慎重なやりとりをする。なんとか姿が見えてくれば思ったほどには大きくない。何と針は背の後ろに掛かるスレなので引きが強いわけである。それでも又長24cmのワカナゴは姿も良くて気持ち良し。P6271492
やがて当たりも遠のいたので思い切り東へ移動するが駄目でした。7時半まで2時間でカマス15尾、豆と小アジ15尾、ワカナゴ1尾の釣果は上々でしょう。P6271493
今シーズン初めてアジとワカナゴの刺身を頂いたが安曇野でもらったワサビもまだあり、とても美味しく食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カマスも釣れた!

海も落ち着いてきたのでそろそろキスが釣れるだろうとちょっと早めに家を出る。餌を仕入れていつもの川べりへ駐車し、カヤックを漕ぎだしたのは7時過ぎ。P6261520
川の水量はまだ多いので底をすることも無く海まで出ることができた。柳の下にドジョウはいるはずと、6日前と同じ河口の東へ向かって漕ぐ。5分も漕ぐと10cm足らずのイワシがピョンピョンと近くで跳ねるのが見られる。こいつは釣れるかもとキスの仕掛けを投げてから、もう一本の竿にはアジのサビキ仕掛けを取り付けた。直ぐに竿下へ仕掛けを下すと底へ着く前にブルブルと当たりがあり、15cmくらいのカマスが2尾上がる。イワシはこいつに追われて飛び跳ねていたのだ。カマスは群れているようで下せば直ぐに当たりがあるが、悲しいかな0.8号のハリスはブツブツと切られていくのだ。それでも仕掛けを変えて釣り続けると15分ほどで当たりも止まる。まさかカマスが釣れるとは思っていなかったので思わぬ儲けものだった。P6261518
その後はキス釣りの専念したが、若干濁りの残るせいか先週ほどには当たりはなかった。それでもP6261521
あちこち探り釣りをして餌切れの11時まで粘る。
帰ってから数えると13~19.5cmのキス31尾、15~17cmのカマス20尾、その他22尾と結果オーライの豊漁だった。
カヤックフィッシングは趣味と実益でとても楽しいし、何より近くで出来るので費用も時間もかからないのがうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

剣岳 点の記

以前から見ようと決めていた映画なので期待しながら妻と出かける。何と平日なのに人がチケット売り場は長蛇の列で、10分も待たされて入場が遅れた。館内は七分くらいの入りで空いた席は前方にまとまっている程度で、こんなことは近年にない人気だろう。
映画は100年あまり前の剣岳初登頂の物語だが自然の厳しさ、山の美しさ、人々の感情が良く描かれていて楽しめた。それにしても原作者の新田次郎さんは、作家には似合わぬ堅物とのことでお色気シーンがゼロなのも珍しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炎の花 2種

P6211516
これは数日前から鮮やかに咲いている(赤花のモナルダ、別名 たいまつ草)という花。
P6211515
次は今朝がたやっと開いた(グロリオーサ)僕には燃える聖火のように見える。昨年庭で掘った球根を山芋と間違えて食べ、亡くなった人がいて有名になったのは耳に新しい。
両種類共に燃える火炎のような感じがして情熱的な花です。
今日は父の日なので、というわけではないが亡父の13回忌が行われた。親しい親族のみ9人が集まりお寺で儀式を済ませた後は、ちょっとおしゃれな店で昼から宴会となりかなりの盛り上がりとなる。久しぶりに皆と談笑するのは楽しいが、年齢とともに近親者の年忌などが多くなるのはとても寂しいことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キス豊漁

明日からしばらく雨続きの予報なので、今日しかないと早起きして興津川河口へ行く。河口から流れ出てカヤックを15分ほど漕いでいつもより西側で竿を下したのは丁度6時だ。P6201503
さすがは土曜日、次々と釣り船が集まり7時過ぎには15艇を数える。しかし手漕ぎは僕一人でちょっと寂しいが、これが流行りのエコフィッシングだ!と思いながら釣りに励んだ。P6201511
ひさしぶりに富士山も顔を出したが雪が少なくて寂しい姿に変身していた。キスは良く釣れるが小型が多くあまり引きを楽しめないのが物足りない。良く釣れるので3時間で餌切れになり終了する。河岸へ戻ると見慣れた車が入ってきて、中年カヤックサーファーのMDさんが降りてきたP6201514
。新サーフカヤックの進水式でご丁寧に(発砲日本酒)を持参してお清めするが、ぼくもご相伴にあずかった。
数えるとキス47尾、他9尾と今シーズンの記録でした。
海へ向かうMDさんとお別れして家路に着くが、途中で親戚に寄りおすそ分け。新鮮なキスはとても喜ばれる。お昼は畑帰りの義母を招待してキスの天ぷらをごちそうするが、こちらも大喜びでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

与太郎も顔負け(6月19日)

近頃ブログを書くのがちょっと面倒になってきた。昼間は外で過ごしたいし夜になれば直ぐ眠くなり、PCの前に座る時間が減ってしまったせいだ。しかしボケ予防の為にも書いた方が良いだろうと今日はがんばることにした。
新聞の情報によるとアジなどが釣れているようなのでこの目で確かめようと三保までチャリを走らせる。10時内海のボート置き場を見ると車は2台しかなくて、ほとんど出てはいない様子だ。真崎海岸へ移動すれば陸からの釣り人は多いが、ほとんど釣れていない。顔見知りのベテランがいたので様子を聞くと「やっと豆アジが釣れ出したくらいだ、新聞の情報はうそばっかり」というので納得し、まだ興津のキス釣りを続けようと思いながら帰る。P6191501
帰り道の浜田川では貴重な水草(アサザ)が咲き誇っている。
12時に内科医院の予約があるので酒屋へ寄りながら行きましょうと車で出る。4リットルのペットボトルに麦焼酎を量り売りしてもらうと時刻は11時50分で丁度良し。そのまま近くの医院へ足をのばし玄関へ入ったのは5分前、???何か様子がおかしいが、自信満々で診察券を渡すと怪訝な顔の受付嬢が「これはうちの診察券ではないです」とおっしゃるではないか!ここでやっと気がついた「ここは歯科医院だ」。ああ勘違いといおうか、思い込んでしまうと人間何をするかわからないと。落語の与太郎を思い出しては、一人ニヤニヤ笑っています。
午後は再びチャリで図書館へ行く。CDを返してから雑誌を3冊ほど拾い読みし、鉄道と小鳥の声ⅢのCDを借りて帰った。今日のチャリの走行距離は21.5kmと良い運動になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自給自足?

10日ぶりにキスを釣りに行った。昨夜雷雨があったので海の濁りが気になったが、大したことはないので大丈夫釣れるだろう。8時半カヤックを下して準備をし、川を下って興津川の東沖200mほどまで漕ぐ。mini-Xは前のタッドポールⅡに比べると船足が速いので漕ぐのが楽で移動も苦にならない。アンカーを軽く下して釣りを始めたのは丁度9時だが、なかなか当たりが無い。どうも沖へ出すぎたようで岸寄りに少し移動するとブルッときて15cmほどのキスが釣れた。P6171493
こんな赤ちゃんヒラメも釣れたが、来年来てねと言いながらリリース。しかし当たりが薄いので河口の西へ移動することにした。P6171496
スタンディングパドルサーファーが二人もいて、うち一人は波乗りをしていた。過去にもたまに見かけたが波乗りをしていたのは初めて見る。二人は知り合いではない様子だが、こんなマイナーな遊び人が一緒になるのはとても珍しいことです。P6171500
移動してからキスはポツポツと釣れつづき、13時の餌切れまでで35尾とまずまずの釣果。おすそ分けしても天ぷらだけでは多すぎるので、何にしようかと考えた。そこで思い出したのがにじますカップで頂いた生のワサビ。即生で食べようと決め、大きな皿に刺身を並べる。骨はカリカリに揚げて骨せんべいにすると、上品な味は最高の肴だ。妻の菜園で採れたキュウリの漬けものとで夕食だが、買ったものは米と酒だけでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にじますカップ

(o^-^o)安曇野市明科で開かれた草スラローム大会に2年ぶりに参加した。12日の午前に家を出てのんびりと走り14時半にあやめ公園に到着する。着替えてちょっと練習をしようと思ったら、何と!カヤック用の衣装が無い。shock仕方が無いので今日のところはイメトレで済まそうと、歩きながらコースを見てゲートの研究?をする。なかなか手ごわそうな場所もあるが、なんとかなるだろうと結論付ける。豊川組の二人とキャンプして楽しい夜は更けていった。
13日はいよいよ本番だが、Mさんが届けてくれたので7時過ぎにコースへ入っての練習をする。ゲートタッチが一度あったが、無理しなければなんとかクリア出来そうな感じだ。コースは非常に込み合っているので練習は1回だけで取りやめる。(これが失敗の元になった)1
開会式の光景だが、ギネスに載ってる人、遠路長崎からはせ参じた人などいろんな人が参加してます。2
わがクラブでやる気一番のおじさん。3
実力者SPは清酒(大雪渓)をもらった。4
例年通りに豪華なお弁当。5
リクルートスタイルとのことですが、色もの色々で楽しめます。6
こちらは(ワンコとカヌー)7
工作の天才で毎年良い賞をさらってます。8
9
カワセミのかぶり物を差し上げたら、親子3人で喜んでました。10
11
14日は万水川~犀川のダウンリバーを11人で楽しむ。12
残った大雪渓は帰宅してから賞味しました。
大会は大成功、主催者の人柄からとてもアットホームな運営で楽しめました。体が動けばあと数年は参加を続けようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孫の成長

昨日から孫たちが来ているので楽しいが忙しい。P6101489
一か月ぶりだが子供の成長は早くて驚かされる。また兄と妹の性格はかなり異なるようで繊細な兄に比べて妹は物事にあまり動じない。どちらかと言えば逆の方が良かったとも思えるが、もっと長~い目で見ないと分からないでしょうな。P6101488
10日ほど前から庭の水槽でアサザが咲きだしたが、今日は新記録となる4輪がそろって咲き華やかでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

キスの調達

明日娘二人と孫二人が帰省することになり、娘からはキスの天ぷらを所望された。そこで少なくても25尾は釣らなくっちゃと、プレッシャーを感じながら9時前に家を出る。釣り具屋で餌を仕入れて興津川河口へ行いたのは9時過ぎ。支度をして川から海へ流れていくと、西の沖合にモーターボートの釣り人がいる。スイスイと漕いで50mほどまで近寄ると3名が乗船していて、ときどきキスは上がっている様子。そこで軽くアンカーを効かせて流し釣りを始めると間もなくブルブルという小気味良い当たりで15cmほどのキスが釣れた。P6081465
その後もポツリポツリと釣れていたが、2時間ほどすると当たりが遠くなる。そこで思い切って場所替えをすることに決め、500mほど漕いで河口の東へ移動。すると再び当たりが多くなり楽しい釣りが続くようになる。結果は9時半~13時半までの釣りでキス35尾、メゴチ5尾、ヒメジ1尾と上々の釣果。P6081469
P6081466
魚体も生長したのか13~19cmと当たり良し、食べて良しのサイズになっていた。P6081467
河口の旧道橋の下では小さなアユが群れをなして岩の苔を食んでいるが、川を上る気はないのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三保はすでに夏もよう

忙しい日だった。午前中は梅酒を漬け、梅とキウイの剪定をし、更にカヤックキャリアの不具合を修正してほぼ終わり。お昼を食べた後は三保海岸へ情報収集にチャリで走るが、あまりの人の多さにはビックリした。P6071452
まずはカヤック体験のファミリー。P6071453
そして水上バイクの団体。
P6071454
更にはウインドサーファーとヨットの人たち。P6071455
真崎海岸には釣り人が並ぶ。P6071458
しばらく見学していると離岸堤脇で釣りをしていたカヤックが戻ってきたが、俺と同じmini-Xらしく見える。
P6071459
接岸したので近寄ってみれば30歳前後の若者で、すごく大げさな道具を積んでいて驚く。聞けばクロダイ狙いで釣りをしたが、ボーズですという。大物狙いは外れの方が多いのだから仕方ないだろう。カヤックは僕と同じ店の通販で求めたようで、これからはカヤック釣り師が増えそうな予感がして何故かうれしくなる。帰路は町まで足を延ばして知り合いの店で金魚とメダカを求めてきた。走行距離19.5kmとかなりの運動になっただろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅の収穫

帰宅してから梅の木を見ると朝までの雨に濡れた実もすっきりと乾いている。すでに取りごろを迎えているので脚立を用意して収穫を始めた。P6061448
今年は花の数が少なかったので思った通りに実は少なかったが、その分すべてが大粒です。30分ほどですべてを収穫し目方を計ると9.8kgと立派な成績。大きめの果実を秤に乗せると50gもあるので驚いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

給付金で豪勢に食事を

定額給付金をもらったら妻に御馳走をすると約束していた。そこで今日は自分では一番旨い外食と思っている鱒のコース料理を食べに行くことにした。電話で5000円のコースを予約してから家を出て、富士宮の「鱒の家」に着いたのは12時15分。先客二組とは離れた座敷へ案内されるが、掘りごたつ式の和式テーブルなので体が楽。F1000053
窓の外は自然の庭園でヤマガラとコゲラが近くに姿を見せてくれる。木々の緑は生き生きとして誠に良い環境です。F1000054
用意された料理はほとんどが鱒だが、バラエティーに富んだ12品でそれぞれに個性があってとても美味しい。P6061449
ゆっくりと味わいながら頂いたが至福の時間を過ごしました。唯一つ心残りだったのは飲み物がノンアルコールビール?だったことで、もし日本酒を飲めたら相性抜群だと思った。しかし改正道交法では飲酒一発免許取り消しがあるので、グーットこらえてアルコルフリーで終わったのは偉かった。
帰路は遠回りをして本栖湖へも寄り道したが、旧知のEさんがカヤックツアーで大勢の客をガイドしているのに出会った。昨年からツアーを始めたとは聞いていたが、繁盛しているのをみてうれしくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタートレック

しばらく映画を見ていないので何か見ようと思い新聞の情報を見るとスタートレックが始まっている。開演は13時からなので家をチャリで12時半に出発。いつものように真ん中に席をとって5分前に座ったが、何と始まる時点で観客は10人ほどしかいない。まあ木曜日は何のサービスも無いのでこんなものかと思ったが少々寂しくなった。静かに見られるのは良いが、アメリカで大ヒットしたというには大したこともない内容だ。人工のブラックホール、生体転送、時間の転移など、SFでは良く出てくるが小説なりの根拠がないと白ける。これだったら(消されたヘッドライン)を見ればよかったと思ってしまった。考えてみると自分が以前ほどにはスペースオペラに興味を持てなくなったのが楽しめなかった要因のようです。
明日は海が静かならまた釣りに行こう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キス、キス、キス!!

フィットのキャリア取り付けがなんとか出来たのでカヤックの運搬が可能になった。そこで海況も良さそうだし興津へ出漁することにする。P6031441
シビックより全長30cm短くなったが、フィットでも違和感なく積める。しかし四駆ではないのでシビックで入っていた場所まで行くのは止めて30mほど手前に駐車する。それでも川は直ぐそこなので荷物を運ぶ手間は変わらないので問題はなし。P6031443
川から流れて海へ入り漕ぎだすが、釣り船がいる200mほど沖まで行ってみる。9時15分釣りの開始、すぐに当たりがあり15cmほどのキスが上がった。幸先良しで顔はニコニコ今夜も旨い魚が食えそうだ。ちょっと重いと思った時にはダブルで掛かるのも珍しくなく、ホウボウとの1荷釣りもあった。P6031444
しかし子供のホウボウは元気だったので優しく針をはずし、丁重に海へ帰ってもらう。餌切れの12時まで切れ目なく当たりがあり釣果は、キス40尾、メゴチ6尾(最高の天種)その他8尾でした。前回悩まされたクサフグがいなかったのが良い結果になったようです。P6031447
夕食にはキスとメゴチの天ぷらにキスの骨せんべい。ビールもどきのすすむことこの上なし。おすそ分けしてもまだ余るキスは一夜干しにした。
釣り船マリブ、ミニXは扱いやすくてとても釣りが楽にできるので、今シーズンは出漁が多くなりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長良川でのんびりと

30.31日は久しぶりの長良川遠征に参加した。かわせみのクラブ行事で参加者は中部から3名、東部から3名と名古屋と豊川からの二人です。静岡から3名で出発したが安倍川を過ぎたところで沼津からの車に追いつかれ、2台は一緒に美濃を目指す。さらに東海環状道のSAではYさんと合流して共に行動。約束より早い9時半には道の駅「みなみ」に着きました。木尾ウェーブで遊ぶカヤッカーを眺めているとEさんも到着し、彼の仲間たちも続々と集合。結局13人で下ることになりました。P5301441
スタートは「ビーチ」からですが、他にもかなりの人がいる様子。天気は予想外に良く快適なパドリングの始まりだ。P5301454
途中の瀬では遊んでいる人たちを見物、僕には真似する腕も度胸も無いので参考にはなりませんが見るだけで楽しい。P5301464
ラフトも要所では楽しそうに遊んでいます。何ヵ所かの瀬も無事に通過して気持ちよくゴールしたのは大矢駅に近い河原。早い時刻に着いたのでゆっくりと着替えて余裕もあったのだが、近くに酒が無いのがとても残念。P5311480
宿は車で狭い林道をしばらく走ったところの小さな集落にありました。「陽がほら」といって古民家?をリニューアルした心地よい建物です。縁側からの眺めも、日本の原風景を感じる癒しの光景だ。荷物を置いてからは立ち寄り温泉「子だから湯」へ移動する。土曜日とあって人は多いが混雑とまでは言えない。ゆっくりと温泉へ浸かった後はお約束の生ビールだが、うまかった~!運転は飲まないYさんにお願いしているので(Yさんゴメン)皆好きなだけ適量を飲みました。ここでは豊川からもう一人、Iさんも合流です。食事も済ませて買出しをし、宿へ戻ってからは再び宴会。9人はいつの間にか寝てしまいましたが夜中には雨が降りだしたようで、5時に起きた時にもときどき大雨。降ったり止んだりが続くので川へ入る気もだんだんと失せてきます。結局僕を含めた3人は温泉にしようと相談がまとまりました。P5311487
朝食の後も雨は止まず本流の水は増えすぎた様子で、支流へ行こうと検討がはじまりました。
約束より遅れて道の駅へ移動したが、ウェーブはつぶれて遊んでる人はいない。
しかしそのうち雨も上がり空は明るくなってきた。「亀尾島川」にしようと相談はまとまり車で移動する。僕たちもスタート地点まで付き合い、後は「板取川温泉」へ30分ほど車を走らせる。環境も設備も整った良い温泉で、のんびりと過ごして疲れをいやしました。川下りは一日だけでしたが年をとったら無理をせず、これも有りかなと納得の長良川ツアーだった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »