« 裏山の眺望 | トップページ | ジョウビタキの♀ »

箏、尺八、三弦の演奏を聴く

今日14日は今年初めての寿大学の受講で残りは3回となった。今回は新春らしく箏などの演奏会なので楽しみにしながらチャリに乗って会場へ行く。F1000042

まず初めはヴィヴァルディの四季から「春」の演奏だったが、13人もの箏による演奏は迫力があり聞き入りました。尺八の演奏者も名手とのことで演奏もお話もとても良かった。また箏のソロ演奏ではソプラノ箏なるものを初めて聞いたが、奏者は素晴らしいテクニックの名人クラスのようで、お弟子さんたちも弦を弾く指先に見入っている。

講義は午前のみで終わったので、ついでに?興津清見寺町まで行くことにして旧道をこいで走る。横砂で蕎麦屋を見つけたので暖簾をくぐりお昼とした。メニューを見れば清水の地酒(しずごころ)があるのでついつい注文した。周りには数人の客がいるがいずれも仕事の途中のようで、お茶しか飲んでいない。昼から飲む酒はまた格別でリタイヤした人間の特権だろうし、たまにはいいだろうと自分に言い訳をする。

興津の魚やでは名物(揚げはんぺん、マグロの燻製など)を買い求めて家路につく。少々向かい風で大変だったが予想より早く50分で帰宅した。P1151189

帰ってから明日孫への土産にペーパークラフトのひな飾りを作ろうと思い立ち、WEBで探すと手頃な物がある。プリントして作りだしたが思ったより手間がかかり、終わったら21時を回っていた。しかし出来栄えはなかなかよろしいと自己満足。

|

« 裏山の眺望 | トップページ | ジョウビタキの♀ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506246/43755174

この記事へのトラックバック一覧です: 箏、尺八、三弦の演奏を聴く:

« 裏山の眺望 | トップページ | ジョウビタキの♀ »