« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

大晦日

年を重ねるにつれて一年の経つのが速くなり、今年も今日で終わりになってしまった。特別感慨もないがやはり何となく普通の日とは違う。用足しのついでに寄ったGSには長蛇の列で驚いたが、洗車機への行列だったので給油だけの僕には影響が無くて一安心。車もきれいにして新年を迎えようとするのが多くの人の思いだろうが、ご苦労なことである。

庭の掃除をしながらいつものようにデジカメを用意してシャッターチャンスを待つと、珍しや雀がみかんをつつく姿。Img_1692 メジロを見ての学習の結果だと思うが貴重なショットです。Img_1694

こちらはミカンより甘いのが好みだよ、と言うばかりに砂糖水をごっくんと飲んでいるヒヨドリです。ヒヨドリは甘党のようで以前ジョークのつもりで焼酎をブレンドしたことがあるが、イヤイヤ飲んでいる様子だった。

紅白を見ながら書いているが、このブログも次第に飽きてきたのでいつまで続くのかと思うこのごろ。

まあボケ防止のためには少しでも続ける方が良いのかなと思うので、まだしばらくは続くでしょう。来年もよろしくお願いしますcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賑やかに餅つき

暮れ恒例の餅つきの助っ人にKさん宅へ出かける。知人の多いKさんなので次から次へと人が訪れて賑やかなことこの上なし。Pc301110 一臼分づつのもち米を蒸かしてから臼に移しキネでこねてつぶしてからつく。かなりの重労働なので交代しながら実施するが、女性群も慣れてきたら立派な戦力になって助かりました。休憩時には干物の炭焼きとビールで活力を回復してまた頑張る。朝9時半からスタートし40kg余りのもち米をつき終えた時は5時前になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールド オブ ライズ

レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロー共演の話題作?ということで出かけてみた。ドリプラは冬休みの子供達で賑やかでMOVIXにも人が多い。しかし僕が見たい館内は空いていました。内容はイスラムのテロリストを捕らえたいCIAの活動を派手なアクションを交えて描いているが、それなりに楽しめた。それにしても好きな俳優の一人だったラッセル・クローが見違えるほどにメタボに変身していたのは驚き、役作りのためだとしたら大したものだが??

| | コメント (1) | トラックバック (0)

孫の成長

妻が会いに行きたいというのに付き合って8:20に家を出る。不況で荷の動きも減ったのか、平日なのにトラックが少なくて走るのも楽だ。のんびりと走ったが10:45に川崎の次女の家に到着した。Cimg0150

2か月と2日のaikoは目も見えるようになり、時々ニッコリと笑顔を見せるようになっている。2歳と1日のkennzoは父が髪の毛をばっさりと切ったのでいたずら小僧に見え、相変わらず元気に動き回る。Pc241118

車が好きで消防車、清掃車、ミキサー車など仕事関係の車種がお気に入り。自動車ごっこ?に付き合っていたら疲れてしまった。Pc241132

東京の長女も遊びに来て久しぶりの全員?集合で楽しい時を過ごしてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャム工房再開

先日の旅で加工用の安価なリンゴと小粒の安いキウイを買ってきたのでジャム作りをした。昨日はリンゴジャムを作ったのでしばし休んでからキウイに取り掛かろうと思ったが、触ってみると既にかなり柔らかな感じなので急がなければならない。そこで今日用事の合間を利用して作ることにした。Pc231106 キウイの皮をむき小さく切ってからフードプロセッサーでみじん切り、ペクチン補充のためリンゴも同じようにしてからステンレスの鍋に入れる。Pc231107

砂糖を50%加えてから焦がさないようにプツプツと煮込む。絶えず混ぜてやらないと焦げるので忙しい人には出来ないだろうな。途中味を見ると酸味が強いので砂糖を少し追加し更に煮続ける。

70分くらいで適度な硬さになったので火を止める。

次は殺菌した保存瓶に詰めてから蓋を軽くしてバッキ、煮沸殺菌をして完了だ。更にPCでラベルを作り、貼り付けたら見栄え良く完成した。Pc231108

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸せってなに

エコロジスト?辻信一さんの講演を妻と聴講に行く。

物質的豊かさイコール幸せでは無い。日本人の幸せ度ランキングは低い位置にある。非電化生活、半農+Xの自然にやさしい暮らし。などなど共感できることは多かったが、全てを実践できるかと自分に問えば、それはノーと言わざるをえないのが情けなく思う。成長の究極は地球の破壊となるようなことも言われていたが、そのとおりだ。今の政治家に期待はできないとも言っていたが、それも認めざるをえない。僕も次の選挙しか考えない政治家なんていない方が良いと思う。長い目で見て日本の将来を考える明治維新の時のような政治家はもう出ないのだろうか?

世界同時の経済(金融)破綻の元凶はアメリカだが、他の国もその恩恵に預かっていたのでアメリカだけを非難はできない。一国の繁栄は永久に続かないというのは歴史が証明しているので、今がアメリカ繁栄の終る時と僕は思う。凋落するビッグスリーをテコ入れしても無駄になるというのが分からないのだろうか。

エナルギーを湯水の如く消費するアメリカの凋落はエコロジー面からいうと良いことなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間抜けな失敗

19日のジジババツアーの途中、身延で思わぬハプニングに遭遇した。探知機がピピピピと鳴りステルスをキャッチしましたと言った時にはもう手遅れで前方50mには赤旗をもったオマワリサンが立っている。やっちゃったか?と思いながら近づくと手招きされたので清く従う。空地に誘導されると何とパトカーが4台、警察官が8人もいる大げさな体制には呆れた。仕方がないので早く処理してくださいよと言いながらチクチクと嫌味をいい、寒いのに大変だねと言いながら特別手当はいくらですか?と聞くととんでもない「こんなに寒くても何も出ないし、給与は10年前に戻ってしまった」と愚痴を聞かされた。その間には他の人が車の下側を盛んにのぞいているので、近頃続いた人の引きずりを調べている様子だ。27kmオーバーで反則金18000円に3点の減点ということで、探知機に頼りすぎた走りを反省し、もう新型の機器に変えないとダメだろうな。『しかしこんな考えは間違いだ?根本的に改めなければいけないと思う私です』。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホシガラス

ホシガラス
2000mの朝は鳥の食事から始まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の夕暮れ

山の夕暮れ
高峰温泉で湯に浸かりながら見た夕陽は格別でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌田實さんの講演会

『がんばらない、投げ出さない』というお話を妻と聞きに出かける。僕は行けなくなった人の代理で出かけたのだが、グランシップの中ホールは満席となり鎌田さんの人気を改めて実感した。幼少の生い立ちと医師になってからの色々な体験を話してくださったが、素晴らしい内容で話術も巧みで1時間45分が短く感じるほど。F1000038

印象に残る言葉は多かったが、おもしろかったのは口の曲がった人(本人が言いました)では政治にあまり期待が出来ないということを繰り返していた。(医師には非常識な人が多いとの発言)によほどの怒りをもったようで、優しくて温厚な人にはありえないような話しぶりだった。

人は自分だけ良くても幸福感は感じない。お金や地位名誉でもない。家族、ご近所、自然などなどに暖かく接してかかわるのが幸福なのですと言われていたが、もっともだと思いました。今日の話で僕の人生観に影響はありましたが、凡人に実行できるかは別の問題ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

友あり遠方より来る

あまり変わり映えのない日常を続けていたのでブログ更新も面倒になりサボっていた。しかし今日は遠路はるばる豊川市からY夫妻が遊びに見えたので書かない訳にはいかないのである。さった峠ハイキングのために興津で待ち合わせをしたのは8時半、空は雲が多くて眺めが心配だったが予報では良くなる傾向なので心配は無いだろう。Pc131179 興津川河口の左岸へ車を移動してから3人で歩き始めるが、時刻が早いのか人気Pc131177 のコースなのに他には人影が無い。霞がかかっていて伊豆の山はかすかにしか見えず富士山の眺望が気がかりだったが、峠へ出るとぼんやりと見えてくれて一安心。俺のせいではないのだが見えないと何となく責任を感じるのだ。

たいした坂道でもないのでわけもなく展望台へ到着し、ここで眺めを楽しみながら小休止とする。一人旅の人とも話をしながら癒しの時を過ごした。

用事のある僕は残念だがここから来た道を引き返すが、帰路今まで気付かなかった「牛房坂」という石塔が目に付いたが説明文が無く何のことかわからない。

Y夫妻はその後は由比まで歩いて桜エビも食べ町並み散策も楽しんだとの様子で、途中まで案内した僕も嬉しかったです。Pc131178

| | コメント (2) | トラックバック (0)

障子の張り替え

昨年は張り替えをサボったので障子が何となく黄ばんで見えるようになっていた。重い腰を上げて今日は一気に張り替えをやろうと動くことにする。ホームセンターで備品を買い求めて作業を始めたのは11時。これは昔から僕の仕事と決まっているので手慣れた仕事で難しい事は何もない。霧吹きで糊を湿らせてゆっくりと紙をはがし、残った糊を雑巾でこすり落とす。Pc081175 その後新しい紙を張るのだがここからがポイント。説明書通りだと不都合もあるので自分で工夫したやり方で近頃は澄ましている。

合計12枚の作業には思った以上に手間がかかり、完了したのは4時半を回っていた。

まだ暮れのお仕事には網戸の掃除、電燈の笠などがあるが、一番の大仕事は片付いた。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域の避難訓練

自主防災会の役員をしているので8時から倉庫へ行き、色んな備品をリヤカーへ積みこんで会場まで運ぶ。9時サイレンと共に訓練の開始だが事前連絡が行き届いたか組ごとにスムーズに集まった。Pc071159 町内の戸数は250軒で210人が集まったのだから立派なものだろう。2次集合場所へ移動してからは消火、担架搬送、トイレ組立などの訓練を行った。他の町内では頑張って炊き出しをしていたところもあり、時間がかかっていました。

年に一回でもやらないよりはましだろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カワハギは終戦

もう一度は試してみようと三保のカワハギを釣りに出かける。ゆっくりと出かけたので浜へ着いたのは9時過ぎで熟年カップルが仲良く投げ釣りをしている。Pc041142

少しお話をしてからカヤックを漕ぎ出していつものように対岸?へ上陸。9時半に竿を出すとピクピクとの当たりが絶え間なくあるが、釣れてくるのは金魚系の雑魚ばかりだ。Pc041144

場所を変えようと西へ歩くとカモ、鵜、アオサギ、カモメなどが沢山羽を休めていたが、近づくと逃げる。どうも楽園の邪魔をしてしまったようだ。Pc041147

しばらくしてから何となく重くなりリールを巻くと上がってきたのは小さなタコで、気を付けて針をはずして海へ帰した。何故か海へ落ちると同時に墨を噴射したが、それじゃ遅すぎるんだよな。Pc041150

2時間ほど過ぎてから本命のカワハギがやっと釣れたが、13cmの子供では仕方がない。それでも腹は膨れてキモは大きそうだったが、来年来るのだよと言いながらリリースした。

2時頃潮も少しだけ低くなったので、岩に付いたカキを採ってから帰ることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサザの保全活動?!

Sany0366 家から500mくらいのところにある小さな川に2~3年前からアサザが咲くようになり、次第に面積も増えてきた。ところが今年の6月に土木業者らしき人たちが川へ入り無差別に川床の浚渫をし、きれいに咲いていたアサザも減らしてしまった。県によっては絶滅しているところもあり、貴重な植物なので直ぐにHPから市へ提言したのだが全く反応が無くて無視されていたかと思っていたのだが、先週になって担当からTELがあり現場を見たいので立ち会ってくださいとのこと。約束の9時半地元の自治会長も来てくださり、理解のある様子で保護の必要性については同意してくれた。結果はオーライだがやることが遅すぎるので聞いてみたが、僕のメールを見たのは11月になってからとのこと。どういうわけか保存したままのメールを開いて見ることがやられていないようだ。お役所のやることは責任の所在が不明確で困りますね!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仲良しメジロ

庭に来る小鳥が多くなり眺める楽しみが増えてきたが、ほとんどの場合にカップルで来るのはメジロとシジュウカラだ。特にメジロは仲が良く肩寄せ合っているのが良く見られる。しかしなかなかその場面は撮らせてもらえないのが残念です。Img_1617

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘年会とハイキング

29日はカヌークラブの忘年会を興津の奥座敷、大平の公共施設を借りて行った。以前より参加者が減ったがそれでも13名?いるのでひと固まりで全員が近く感じて宴会にはちょうど良い。美味しい酒と、つまみ、良い仲間たちと楽しく一晩を過ごしました。

明けて30日は有志6名でサッタ峠のぶらぶら歩き。富士山は今期最高の姿を見せてくれる大サービスぶりに全員イイネイイネと言いながら歩く。Pb301123_2

林道を下って倉沢の集落に入ったころR1の下り線が大渋滞となり、双眼鏡で覗くと大型トラックがひどい事故を起こしたように見えた。Pb301137

お腹も空いてきたので倉沢の町並み見物もほどほどにして、由比港のかき揚げ屋へ急いだ。休日にしては珍しく混んでいないのは事故渋滞のせいだろう。しめしめと並ぶことなくかき揚げ丼と味噌汁を注文した。速い、安い、旨いということは無いのだが、ビールが無いのが悔しかった。

その後は由比~興津とJRで戻ったが、スタート近くまで歩いてもまだ車は流れていない。もの好きな仲間は由比までの半分以上も歩いて倉沢の事故現場を見に行ったが、乗用車が大型につぶされる悲惨な事故でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »